【Android】e-mobile S51SEをroot化する

スポンサーリンク

emobile S52SEをroot化してみる

実は以前紹介したHTC Ariaは機種変更で昨年末から、e-mobile S51SEへ乗り換えてました。

スペックは、はるかにHTC-Ariaの上をいってるので、今回は「root化」やってみます。
HTC Ariaはあまりroot化してもメリットを享受できそうになかったので・・・。
必要なもの

以上です。

使い方はこちらのページなどで紹介されています。
【今回紹介したツール】

「DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit」をGUI化したWindows用root化ツールが公開、端末のunrootにも対応

【それのCUI版】

2011年のXperiaスマートフォンをワンクリックでroot化できるツール「 Xperia 2011 Easy Rooting Toolkit」が公開

※上記のサイトにも書いてありますが、root化はメーカーのサポート対象外になる可能性があります。必ず自己責任で実施してください。

【手順】
  1. 端末をPCに接続します。
  2. windowsでアプリをダウンロード
  3. ダウンロードしたデータを解凍して、インストール。軌道
  4. 「root」ボタンを押す。
  5. あとは、待つだけ。

これで、「Superuser」というrootを取ってくれるアプリが端末にインストールされます。

実際使用したemobile S51SEですが、ヨドバシで機種変更しました。
すると、「Gree」やら「モバゲー」がインスコしてあるんです。
なんかヨドバシが積極的にそんなことをやっていると聞いたのですが・・・。(他のビックカメラやヤマダ電機とかはどうなんでしょう。)
デフォルトの仕様なんでしょうか?

実は今回の目的は、これを消すためのroot化だったりします。

root化した端末の管理にオススメ。(主にアプリ)Titanium backup

root化したら、オススメなのが「Titanium backup」です。
無料版でも、有料版でも「通常はアンインストールできないソフト」をアンインストール
する機能が付いています。また、有料版だとデフォルトのソフトを圧縮して保存したらり、停止しておいてくれたりします。500円くらいですので、購入されても良いかもしれません。こちらを使用することで、デフォルトでインストールされてしまった、「Gree」とか「モバゲー」とか、要らないと思われるアプリケーションが削除できます。
※デフォルトのソフトは「絶対削除したらダメ」なものもあります。バックアップを取ってから削除することをオススメします。
とりあえず、一旦root化と管理ツールの導入が完了です。
その他root化していると、海外やキャリアでした配布されていないソフトを導入したりすることも出来ます。

これからの設定は、また時間をみてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク