【妖怪ウォッチ】我が家もついに妖怪ウォッチ(初代)をゲット! 「そうじゃなあいよ!」と言われたら電池を疑うべし

スポンサーリンク

先日、鹿児島の帰省中に

ふらっと寄ったイオンのおもちゃ売り場でたまたま売っているのを見つけました。

妖怪ウォッチ(初代)。

Amazonでは、まだ5000円くらいで出荷されているみたいですね。

零式は、8000円位みたいです。

正直実物を見ましたが、1万円もかけて購入するシロモノには個人的には見えません。

まして、並んでまで買うようなものなのかもちょっと疑問ではあります。

まあ、こどものおもちゃです。

あんまり、踊らさせるのもよくないなあ。

と、思ってはいましたが子供のハマりぶりも激しかったので購入。

メダルばかり持っていて、肝心の「妖怪ウォッチ」がない状況でしたので。

まあ、定価でしたし。

もう少し早ければ、零式もあったそうです。

だいぶ、供給ができるようになってきているのかもしれません。

ちなみに、外観はこんな感じ。

youkai-watch-package

てっきり、「箱」に入っているものだとばかり思っていたので、最初は全く気が付きませんでした。

子供も大喜びで、遊び倒していると・・・

特定のメダルをセットしても「そうじゃなあいよ!」(エラーです)と言われる。

との報告が。

ちなみにですが、妖怪ウォッチには「みとMEN」という妖怪が住んで?まして。

メダルを逆さに入れたりすると「そうじゃなあいよ!」と教えてくれます。

詳しいことはテレビシリーズを見ていただけると、なぜ、こうなっているのか経緯がわかります。

要は、「メダルをちゃんと入れているのにエラーがでる」

という症状が起きました。

何枚か持っているメダルのうち、特定のメダルだけがどうも反応しないようです。

電池を交換すると解決

仕組みとしては、メダルの裏にある凹凸を、本体の「ツメ」みたいなものが読み取って、メダルを判別。

それに合わせて、妖怪の声やら、効果音がなる仕組みです。

まあ、単純といえば単純な仕組みだったので、接触が悪いのかなあ。

と、思ってましたが、ふと、電池代えてみよう。

ということで、電池を変えたところ劇的に改善しました。

子供のおもちゃって最近は最初から電池がついていたりしますが、結構モノが悪いのが多いです。

実際、「初期動作確認用」という名目だけで入ってますと断りがあったりします。

と、いうことで似た症状にお困りの方は「電池交換」で解決するかもしれません。

ちなみに使われている電池は「LR44」ボタン電池です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク