【岡山・香川へ行ってきました】道中で、山口県名物の瓦焼きそばを知る

瓦そばとの出会いはおよそ8年前

瓦そばを知ったのは、福岡に住んでしばらくしてから。

それまでは鹿児島に住んでいたんですが。

鹿児島では正直知名度がほとんどない「瓦そば」。

福岡も飲食店で見かけるわけではなく、よくスーパーの麺類のコーナーで見かけていたのですが・・・。

瓦そばは「山口県下関市」の郷土料理

調べてみると、山口県下関市の郷土料理ということで。

なるほど。

だから、隣県の福岡県にもある程度認知があるわけですね。

残念ながらその名は、鹿児島まではさほど届いていないようです。

※鹿児島にも瓦そば店はあります。行ったことはないんですが、興味のある鹿児島の方はぜひ。

【瓦そば 鈴よし】

行ったことがないので、味はわかりません・・・。

岡山への道中、美東サービスエリアにて

美東サービスエリアは山口県にあるサービスエリアです。

mito-servicearea

立ち寄ったのは、福岡からの上り線側。

そこで、「名物 瓦そば」を発見。

meibutsu-kawarayaki

本場を知るためにも早速トライです。

美東サービスエリアは最近リニューアルされたみたいで、綺麗になってました。

1年前くらいに来た時は、架設の建物で運営されていました。

本場の瓦そば初体験

本当なら、山口県内で専門店を見つけてしかるべき。

なのかもしれませんが、今回の目的地は、岡山・香川県なので・・・。

サービスエリアにて体験です。

kawara-yakisoba

でも、美味しかったですよ。

最近、高速道路のサービスエリアはテレビで取り上げられることも多いようですが、レベル上がってますよね。

うちの家庭ではごくまれに出てきます。

それと比べて、本来なら当たり前かもしれませんが、「コゲ」が美味しいです。

商品名の通り、瓦の上に乗って提供されてるんですがこの瓦が熱せられているんですね。

この熱で焼かれて麺にコゲができます。

ここが美味しいんですね。

また、ちょっと家庭では真似できないとこです。

というか、そんな焼きが入っているとは知りませんでした。

また、てっぺんに載ってる「もみじおろし」と「レモン」がアクセントになってます。

瓦そばは肉と、そばだけだとちょっと重い感じなんですけど、このアクセントがあると全然違います。

さすが本場。

山口におでかけの際にはぜひ「瓦そば」一度お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク