Webデザイナーは絶滅する?イスラエルのソフトウェア企業Wixがナスダック上場へ

スポンサーリンク

Webデザイナーは絶滅するのか?

だいぶ極端なタイトルの記事ですが・・・。

絶滅の危機に瀕するWebデザイナーという職業 Wix(ウイックス)がIPOへ

Wixって?

こちらのソフトウェア会社「Wix」は誤解を含めて言えば、拡張性の高い「ブログサービス」を提供している企業です。

記事中では、中小向けTumblrと説明されていますが、要は「中小企業」がwebサイト構築を自分の手でさらに少ない予算で制作できる仕組みを提供しています。

「ブログ」と言ってしまうと、アメーバブログなどを連想してしまうのですがこちらの企業は結構凝ったデザインのサイトを最初から用意しています。

日本語サイトもあるので、そちらを見ていただければどういった感じなのか判りやすいと思います。

こうした企業は何も初めてでは無いと思います。

過去にも似たようなサービスを展開している企業はいくつか存在すると思います。

実際、Tumblrも似たような運用をしようと思えば可能ですし、Bloggerもそういった運用は可能かもしれません。(全くの素人が可能かどうかはちょっと微妙ですが)

ただ、近年それなりのクオリティの「サイト」を構築してしまう難易度というか、「敷居」というのは下がっているように思います。

Webデザイナーってどうなるの?

個人的にも、絶滅とはならないでしょうが、少なくなっていくだろうなとは思っています。

ここで言われているWebデザイナーは、元々が海外の記事なので「海外のWebデザイナー」を言っているのだと思います。

海外のWebデザイナーという方はデザインからHTMLコーディングやPHP、Javascriptにデータベース絡みやサーバーなどの運用を含めトータルでやってしまう方も多いです。

日本とは状況が違うので、この言葉をそのまま受け取る気もないのですが、この記事が言うにはそうした部分をソフトウェアが代行するから、Webデザイナーは必要なくなるという論調です。

まあ、絶滅は極端にしても

個人的には日本では絶滅と言うより「再編」が起こるんじゃないかなーという気もしています。

なぜなら日本では分業スタイルが多いからです。

日本は、デザインはAさん、コーディングはBさん、JavaScriptはCさん・・・。

という感じでサイトを制作する際に、分業制となることが多いです。しかし、このスタイルはすでに限界が来ているように感じています。

Web制作にかかるコストは年々下がっていますし、都心はまだいいとして、地方では驚くような値段でサイト制作が行われています。もはやサービスの質を担保できないようなレベルでの発注も行われている状況です。

小規模サイトを数人で回してしまうと、フリーランスはたちまち利益が出ないと思います。

私はどちらかというと、コンサルタントでしたので、コンサルタントの立場としてはこうした分業制は正直効率が悪いし、リスキーだと思っていました。(もちろん、分業できるメリットもあるんですが・・・)

分業して下手にマージンが膨らんだり、工期が伸びるくらいなら、Wixのようなサービスを活用するだとか、WordpressなどのCMSを活用してもらったほうが遥かに早くて安上がりで、その分プロモーションへ費用が回せますし、ゼロから作り始めるより運用実績が多いですので低リスクで導入できます。

現状、日本のWebサイトでは「綺麗に。正確に」制作することよりも、露出を増やしたほうがよほど成果が出ます。

もちろん、こうした言い分が「職人肌」なデザイナーや技術者の方に嫌な顔をされるのはわかっているのですが・・・(笑

例が極端ですが、Amazonや楽天のサイトってかっこいいですか?

失礼ながらそうでもないですよね。すっごい見やすいというわけでもありません。

でも、誰よりも成果をあげています。

企業のほとんどは「かっこいい」よりは、「売れる」サイトのほうが喜ぶと思います。(両方実現できるのが理想なんですが)

私なんかより遥かに有名なブロガーさんが多くいらっしゃいますが(ネタフルさんだとか、和洋風改さんだとか)そのほとんどのサイトは普通のサイトです。

実際は、そういった「普通」がすんなり受け入れられるのも事実だともいます。

実際、私がWebコンサルタントをやめた際にも多くの企業が「Webコンサルティング」を標榜するようになっていました。

今後もそうしたコンサル的な取り組みは続いていくと思いますし、そうしたサイトの運用面が強化される中で削減されつつあるのは「Webのデザイン」じゃないのかなーという気もします。

実際、値段が抑えられてある程度形が整っていて、ある程度簡単にカスタマイズができて他のとかぶる心配も無ければそれでいい。

と、Wixのようなサービスを選択する人も増えると思います。

デザインを軽視するわけではなく

デザインは必要ない。なんて言う気はありません。Appleのようなデザイン戦略を綿密に打ち出す企業だってあるわけですし。「使いやすさ」「わかりやすさ」というデザインは追求されるべきだと思います。

実際、Wixのようなサービスが世界中に広がっても、「Wixのデザインを考える」人は必要ですからね。

結局・・・

制作や開発の部分はすぐすぐに無理にしても、導入に関しては敷居が下がっている以上、今のようなコーディングなどの作業は徐々なくなっていくと思います。(カスタマイズという面では重宝されるかもですが)

将来的には、多くの方が、Wixの様なサービスを使ってサイトを制作するのがスタンダードになるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク