VAIO Phone はガッカリなのか? Nexus 5 と比較しながら検証してみる

スポンサーリンク

VAIO ブランドがついにスマホを

SONY から独立した VAIO 。

PC に関しては、「お」。

と、思うような製品を出していたように思います。

今後期待できるなー。

と、チャンスがあれば購入をあり得るぞ・・・。

なんて思っていたんですが、VAIO 名義のスマホ端末が登場してました。

VAIOと日本通信,SIMロックフリー対応のAndroid 5.0スマホ「VAIO Phone」を発表

それも、SIM ロックフリー。

MVNO のパイオニア的な存在「日本通信」とコラボです。

SONY では考えられない製品

上記の記事では「特徴がない」。

と、芳しくない意見です。

実際ネットではどこも同じような論調です。

でも、個人的には絶対これは SONY にいたら出てこない製品だと思います。

大げさですが、それはそれで意味のあることなのかなと思ったり。

とはいえ、どうなの VAIO Phone

VAIO Phone を購入した場合。

一括:51,000円
分割:2,980円

です。

分割は、音声通話+月間データ通信量1GB の場合です。

データ通信量 上限なしは 3,980円です。

これは端末代込みの価格です。

一見、Y!モバイルのSプラン、Lプランと同じ価格なのですが、端末の分割料金は別です。

年間のトータルコストはすごく安いです。

これは結構特徴といえば、特徴だと思います。

期待されていたのはハイスペックマシン?

これまでの VAIO や SONY が出してきた製品からすると、VAIO が出す機種は「ハイスペック」であるだろう。

という期待もあったかも知れません。

また、現状の SIM フリー端末業界にはあまり「高スペックな端末」というのはあまり存在しません。

そこでとりあえず、私の中での「名器」Nexus 5 と比較してみました。

VAIO Nexus 5
OS Android 5.0 Android 5.0
画面サイズ 5インチ 720 × 1280 4.95 インチ 1,920 x 1,080 ディスプレイ
サイズ 幅・高・厚 71.3 × 141.5 × 7.95mm 69.17 x 137.84 x 8.59 mm
重さ 約 130 g 130 g
カメラ 【メイン】1300万画素
【サブ】500万画素
【メイン】800万画素
【サブ】130万画素
メモリ 16GB 16 GB または 32 GB
外部メモリ microSD/64GB なし
RAM 2GB 2GB
CPU Qualcomm Snapdragon 410 1.2 GHz Qualcomm Snapdragon 800、2.26 GHz
GPU Qualcomm Adreno 306 Adreno 330
バッテリー 2500mAh 2,300 mAh
最大連続待受 最大約 500 時間 待受時間: 最長 300 時間
最大連続通話 最大約 800 分 待受時間: 最長 1020分

スペック的には Nexus 5 より低い

実際 Google Play で 当初 Nexus 5 は 4万円程度で売られていました。

うーん。

そう考えると、ほぼ同じ値段ですがスペックが微妙に低いのは気になります。

若干、VAIO が良い点(カメラとかバッテリー)があるのですが・・・。

画面サイズは Nexus 5 と同じ5インチですが、解像度が低いのが気になります。

価格面の安さはあるものの・・・

さまざまな企業が参入し始めた MVNO 。

通信量の安さが魅力ではありますが、現在の VAIO の月額料がその中で魅力的かというと、そうでもなかったり。

例えば新規参入組の dmm.com の MVNO なら、似たようなスペックの端末(ASUS zenphone5)なども同じくらいの金額で購入することができます。

それほどまで安いとも言えない価格帯です。

そう考えると、ちょっと魅力的ではないかも

よくよく聞いてみると、デザインだけが VAIO だとか。

製造には関わってないとか。

また、どうも Panasonic が台湾で販売している「ELUGA U2」をベースにしているのでは?

という疑惑もアリ。

ちょっとこれは期待しすぎたかも知れませんね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク