Softbank「第3のOS」興味なし

スポンサーリンク

第3のOSが主流になるとは思えない

孫正義氏、“第3のモバイルOS”には「興味なし」

孫正義:それらが主流になるとは思えない

私もそう思います(笑

「第3のOS」って何?ってところですが、記事としては「Firefox os」を指しているようです。

日本の状況からだと、「iOS」「Android」「Firefox os」というところでしょうか。

docomoの「Tizen」ですが、これ開発できるんですかね・・・。

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに

これは、Intelが否定しているので、ちゃんと開発されてるんでしょうか。

インテル、Tizenの開発中止説を否定

個人的には、Tizenは興味なしです。

この他にもUbuntu Touchや、cyanogenmodなどもある意味「第3のOS」候補でしょう。

こうなってくると、私としては「OSは選ばせてほしいなあ」というのが希望です。

現在、Firefox osやUbuntu Touchなどは「開発者版」を特定の機種に導入することは可能ですが、とても「通常使用」には耐えるものじゃありません。

cyanogenmodは導入できる機種(Android端末)も多く、コアなAndroidユーザーのもうひとつの選択肢となっています。

キャリアがサポートして端末とOSを出してくれるのが一番なんでしょうが、少数派OSを大企業がわざわざサポートすることに利があるとは思えないですしね。

ならば、こうした「選べる」という選択肢がある方が、良いのですが。

もちろん、そうすることで何かと犠牲になるもの(セキュリティだったり、独自の機能だったり)が多い。というのもわかるのですが・・・。

徐々に「コンパクトなPC」とも言えなくもないスマートフォン。PCでも大きく分けちゃうとOSXかWindowsかLinuxしかないのですが、「OSを選べる自由」くらい欲しいなあと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク