【サンワサプライ】トラックボールマウス MA-WTB40R を購入してみた

スポンサーリンク

トラックボールマウスを渡りあるいて、3タイプ目

2,3年前に購入した Logicool M570 。

ちょっと前から、クリックの調子が悪くて非常にストレスフルな状況に。

新しいトラックボールマウスを探していたのですが、結局 Logicool M570 の後継機である M570t にするか。

もしくは新しいトラックボールを試してみるかで悩んでました。

確かに使いやすかったんですけどね・・・。

ただ、これとは別に使っているサンワサプライのトラックボールマウス。

これの使い勝手がそう悪くないことに気がついてしまいました。

ポイントはボールの大きさ。

上の商品写真ではわかりにくいんですが。

Logicool はボールが小さいんですね。

最初はこの小さいボールが細かい作業の時は向いているだろう。

と、思ったんですが、案外ボールが大きいほうが扱いやすいと思わせてくれたのがサンワサプライのMA-TB39R。

ものとしては、Logicool が良いのかもしれません。PC周辺機器のデバイスの老舗ですからね。

とはいえ、実績だけで選べるものでも無いのがこのマウスというアイテム。

個人に寄って操作感て違いますからね・・・。

やっぱり、自分にあった使い勝手が良いのがいいですよね。

考えぬいた結果、再び、Logicoole ではなく、サンワサプライの別バージョンへチャレンジ。

することにしました。

冒険です。

アマゾンではなく、ヨドバシカメラで購入

マウスの操作性のストレスがついに限界点を突破しました。

使っていたlogicool トラックボールマウス Logicool M570 ですが。

ただの左クリックが超高速クリックでタブが2つ開いたり、

ドラッグすると、反応しない。

など、挙動がおかしくなっていました。

だましだまし使っていたものの、さすがに限界!

ということで、マウスがすぐに欲しかったので、直接、博多ヨドバシカメラへ向かいました。

そこで、しばらく悩みましたが・・・。購入。

sanwa-trackboalmouse

Lgicool M570 と比較すると

デカイ。

これにつきます。

sanwa-trackboal-size

親指が楽だ・・・

普通のマウスからトラックボールに変わった時、「あ。手首、楽だわ」

と、思ったんですが、親指トラックボールをやめたら、「親指が楽だ!」

と、なってしまいました。(笑

ボールが大きいかつ、中央にあるので指ならどれでも操作できます。

また、リストレストが付いているのでこれも楽。

あとは、本体がデカイだけあって、安定感があります。

マウスをホールドする必要がないので、力があまり入りません。

Logicool M570 はどうしても小さくて軽い分、手で固定してあげてる感がありました。

その行為自体そう力を必要としていることではないのですが。

長時間となると、それなりにストレスです。

しかし、完全に本体の重さ任せで固定できるのでそういったストレスがありません。

しかし、こうした力みがだいぶ消えました。親指でも手首への負担が軽くなってよかったんですが、負担軽減という意味ではこちらが優秀です。

唯一の欠点。スクロールボタン

Web ページだけでなく、画面に収まらない資料などをスクロールするには必要な「スクロールボタン」。

MA-WTB40R も付いているのですが、トラックボールの後ろについています。

つまり、スクロール作業をする際に一度、トラックボールから手を離してスクロールする必要があります。

Logicool は普通のマウス同様に使えました。

この点は、ちょっと残念です。

構造を見た段階で、ある程度推測はついていたのですが・・・。

スクロール操作をガンガン素早く行いたいという方には向かないと思われます。

スクロールボタンも動きが固めで、あまり快適とは言えません。

ある程度は慣れ

ただ、この MA-WTB40R の特徴は据え置きである点です。

特にマウスをホールドする必要がありません。

ホールドするタイプのマウスに慣れている人はキーボード操作以外で「マウスから手を離す」という習慣がありません。

よって、手を話してしまうというのにだいぶ抵抗があると思われます。

ただ、このタイプのマウスはそこを乗り越えてしまうとだいぶ楽になるような気がします。

スクロールボタンを触るのに一旦手を動かす。

という通常のマウスではありえない動きに慣れることができるか出来ないかが、操作性の評価の分かれ道な気もします。

ボールが大きいせいか、普通のマウスの感覚ではダメ

ボールが大きいせいか、普通の設定だと移動量が大きすぎて細かな動作が困難です。

これは、ポインタの移動をOSのマウス設定で遅めにしてあげることですぐに解決します。

一応、対応OS は Windows(8含む) と OSX となっています。

個人的には Xubuntu 14.04 にて使用していますが問題なく利用できています。

結果気には・・・

購入してよかったと思います。

スクロールはちょっと残念ですが。慣れれば、そう気になりません。

どちらかというと、親指式の頃より手首に負担がないのが嬉しいです。

そもそも親指トラックボールに変えたのも、通常マウスでの「手首から肘にかけて」のコリと痛みにあったので・・・。

そういった意味では最初からこっち買っとけばよかったなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク