【お父さんのためのおもちゃ購入】プリチェンミラーとラブプリブレスを買ってみた。恐るべしプリキュア商法

今回のコンセプトの説明

基本的には、おもちゃは「簡単に買わない」主義です。

ただ、全く買わないというのもどうかと思うし、子供自身にもねだって買ってもらったおもちゃをどう扱ったのか。

というのを親も一緒に勉強してみましょう。

ということで、子供が欲しがっていたおもちゃである「プリチェンミラー」と「ラブプリブレス」を購入してみました。

4歳の子供にどの程度伝わっているかわかりませんが、「長く大切に使おう」ということを体感してもらえたらな。

という願いでやってみています。

スポンサーリンク

プリキュア・・・。噂には聞いてましたが・・・

こう見えて(?)も、小さな娘がおりまして・・・。

周囲からは「アンパンマン」を卒業したら「プリキュア」だよ。

と、よく聞いていました。

すると、案の定4歳を過ぎてから「プリキュア」にハマりだしました。

私自身は「大きな友達」ではないので、プリキュアに接触したのは子供を通じてが、初めてです。

ちょうど新しいプリキュア始まったんですよね

娘がプリキュアに興味を持ち始めたのは、前代のプリキュアの後半も後半。

「ドキドキ!プリキュア」からです。

一緒に TV を見るようにいわれますが、ちょっとついていけるテンションではありません・・・。

dokidoki_precure

で、そちらすぐに最終回を迎えまして。

そこからすぐに新しいプリキュアが登場です。

クール終盤なのでおもちゃは買わない親的戦略

何でもかんでもおもちゃを買い与えるわけにも行かない。

といった家庭的な方針も前提としてありますが。

そもそも放送終了が見えていましたので、「ドキドキプリキュア」に商品はほとんど手を出しませんでした。

まあ、新しいプリキュアが始まったら考えるか。

くらいに思っていたら・・・。

アニメスタートと、おもちゃ展開がほぼ同時!

最近のアニメ商法をなめてました。

「昔は、アニメで登場するアイテムのおもちゃ化は時間がかかるものだった。」

と、自分が子供の頃の感覚で勝手にそう思ってました。

しかし、今の展開は速い・・・。

もう仕組まれているとしか思えないスピードです。

アニメの企画とおもちゃ販売戦略が最初からセットなんでしょうね。

新しいプリキュアが始まったとほぼ同時に、怒濤のグッズ展開です。

今、放送しているのは「ハピネスチャージプリキュア」ですね。

happines-precure

この作中に出てくる変身アイテムが「プリチェンミラー」&「ラブプリブレス」です。

あっという間に店頭に並んでました。

ゲームセンターのマシンもあっという間に変更。

お菓子だってあっというまに新アニメに刷新です。子供向けのカレーもすぐ登場してました。

古い在庫はあっという間に「ワゴンセール行き」

子供相手の商売とはいえ、恐ろしいまでのスピードです。

ハイスピードな商品展開が功を奏したか・・・。

うちの娘はあまり、おもちゃを欲しがらない方だと。

勝手に思っていましたがこれには食いつきました。

もちろん、セットで販売されております。

こちら、買ってあげるか、悩んだところもあるのですが・・・。

すぐ飽きるだろうなあ・・・。とか。

なんか、これ意味あるんだろうか・・・。とか。

しかし、今回は最初のコンセプトもあり、子供に買ってみました。

子供にせがまれて、悩んでいる方の参考になれば・・・

おもちゃ売り場へいくと、このアイテムの売り場の前につれていかれる親御さんも多いことだと思います。

「ダメ!」

という方もいれば、「どうしよう」という方もおおいとは思います。

そういった方のために少しはお役に立てればということで。

現在も、この商品を買うか迷っているお父さん、お母さんのために、私なりのレビューです。

今後の購入の参考になればと思います。

プリチェンミラーを購入してみて、気がついたこと

機能としては、今のプリキュアの変身を模倣しつつ、付属しているカードを組み合わせることでいろんなバージョンの声が聞けるというシロモノです。

ミニゲーム?っぽいものもついていますが、あらかじめ言ってしまうと3,4歳の子供が理解するかは謎なミニゲームです・・・。

実際うちの子がこのミニゲームで遊んでいるのを見たことがありません。

サイズが大きい。

子供のおもちゃにしてはサイズが大きい・・・。

大人の手でもってこれくらいなのでちょっと大きめです。

prechen-size

ちょっと子供が扱うにしては大変そうです。

もちろん、子ども自身での携帯性もよくありません。落としてしまうこともあると思います。

作り自体はしっかりしていますが、重さもちょっとあるので、落として壊してしまう。というパターンが多そうです。

カードを集めることでバリエーションが出る仕組み

こちらのおもちゃのポイントは「カードが付属している」点です。

これはもう呆れてしまったというか、全く持って今のおもちゃ業界を知らなすぎたわけですが。

このカードゲームセンターなどにあるゲームと連携しているわけです。

まあ、そこでカードを買え!

ということなんですね・・・。

「お、おのれ!抜け目なさすぎるぞ!この販売戦略・・・。」

なんだか、テレビ○日と、バン○イがガッツリ肩を組んで、ニヤニヤしているのが思い浮かびます。

つまり、カードが多ければ多いほど、バリエーションが広がるわけで。

そこをついてきているわけです。

SNSゲーム の「射幸心」を煽る。という話がありましたが、これもどうにかしたほうが・・・。

とも思わなくもありませんが。

一応デフォルトでもカードがついています。

prechen-card

しかし、数が多く付いているわけでもなく、遊べる組み合わせも限られます。

はっきりとは書いてありませんが、要は遊びたければ「カードも買ってね!」と、猛アピールしてくる商品です。

プリチェンミラーの音量に注意

こちらの商品、音量がついていません。

音に関して、ちょっと気になる。

という方は要注意です。

例えば、自宅で仕事をしている場合、後ろで鳴らされると「ちょっと静かにしてもらっていいかな?」くらいの音量です。

「うるさいおもちゃは買いたくない」

という方は、オススメできない商品だと思います。

テレビの企画とも連動したおもちゃ

この記事を書いているのが5月5日こどもの日なのですが、現在プリキュアの番組では「500回放送記念イベント」を実施しているそうです。

このイベントに参加しているおもちゃ屋さんや、ゲームセンターへ行って「合言葉」をいうとオリジナルカードがもらえます。

このカード、500回記念ということですが、この「プリチェンミラー」に入れると、「500回おめでとう!」

みたいなことを言います。

prechen-specialcard

ということは、このおもちゃ最初からこのイベントを考慮して設計しているわけですよね・・・。

用意周到ですわ・・・。

子供の反応は?

ずっと遊んでるわけじゃありません。

ただ、時々、アニメを見ながら遊んだり、カードが手に入った時に遊んでいるようです。

あと、オフィシャルなものを持っているというのは子供ながらにも安心感あるんでしょうか。

よく、駄菓子コーナーにあるおまけ付きのお菓子などは見向きもしなくなりました。

2,300円ちょっとの商品ですが、正直200円払うクオリティには見えず・・・。

このへんでねだられるのも親としては困るわけですが・・・。

こうしたおねだりを回避できているだけでも父親でも満足している傾向はあります。

ラブプリブレスは・・・?

こちらは、音だけの商品。音が出るだけです。

これも音量がついていないので、「うるさいおもちゃはダメ」という方にはまずおすすめしません。

ウチの子供も、最初は音を鳴らしていましたが、いまは「装飾具」ぐらいの意味合いしか持っていません。

どっちか買おうかな?

と、迷っている親御さんには、「プリチェンミラー」をおすすめします。

もちろん、両方買わないという選択も大いにありだと思います。

出るのはプリキュアの攻撃の音

攻撃の音なので、そう多種にあるわけではありません。

音も「ズガーン」「ドドーン」

という音が主なので「プリチェンミラー」より音量が気になるかもしれません。

ミニゲームもついていますが、数回やったら飽きてました。

ラブプリブレスは、すぐ飽きるっぽいです。

個人的には、プリチェンミラーより、こちらのほうがもったいなかったかも。感は強いです。

一応、救いとしては子供が「プリキュア」を見ている時に時々嵌めて見てるくらいでしょうか。

プリチェンミラーとラブプリブレスどちらか買うとしたら・・・。

ラブちぇんミラーは「カード」というオプションを買い足す出費があります。

ゲームセンターや、カードダス系で買うとなると、「何枚も同じものが集まる」という懸念があるわけですが、

ゲームセンターで購入せず、おもちゃ屋さんでセット買いもできます。

こんなかんじです。

店頭ではなく、Amazonなどの通販で買うと1,000円が700円くらいになります。

これで購入すれば、カードダス的な「何枚も同じものが集まる」という現象は避けられます。

ゲームセンターのやつはやり始めたらきりがないので、個人的にやらせていません・・・。

まあ、とはいえ、カードは馬鹿にならない出費ですが・・・。

長く遊ぶという視点で行けばプリチェンミラーでしょう。

また、カードも親が購入タイミングをコントロールできるので、買い与えやすいです。

ラブプリブレスは、すぐに飽きてしまうと思います。

一応、プリチェンミラーは要所で遊んでいるようですし、長く使っています。

下手に他のおもちゃをねだられるよりは良いかなと。個人的には思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク