「ポッポ」と「コラッタ」しか出ないんだが。そんな時はポッポマラソンで経験値の糧に進化させる。しかしそれではコラッタの立場が…。

スポンサーリンク

ポケモンは全くわかりません

とはいえ、まあ、ポケモン GO をやっていると、「ポッポ」と「コラッタ」の遭遇率の高さに気がついてきます。

ポケモンを全くしたことがないのですが、彼らのシリーズでの扱いが何となくわかってきます…。

そこに思いを馳せると、なんだか邪険にするのも気が引けてきます。

poppo-and-koratta

とりあえず、最初は 250 体しかポケモンを保持できません。

やっているうちに、持っているポケモンの一覧が「ポッポ」や「コラッタ」ばかりになっていきます。

こうして、「被り始めた」ポケモンを博士に送ると…。

「あめ」と、変えてもらえます。

何が行われているのか想像すると、やや怖いですが…。

トレーナーレベルのアップに?

こうして、簡単にあつまるポケモンは「進化」させてしまいます。

よくゲットできるので、進化に必要な「あめ」も集まりが良いです。

ポケモンを進化させた時の経験値は、「500EX」。

ここで、ポッポとコラッタに決定的な差がついていしまいました…。

シリーズの扱いがどうなっているのか判りませんが、おそらく私のこのちょっと心苦しい思いは間違ってないんじゃないでしょうか。

こうした簡単に集まってくるポケモン、ポッポとコラッタ。

利用価値にここまで大きな差がついてしまうとは…。

それは、「進化」に必要な「あめ」の数です。

ポッポは 12 個。

コラッタは 25 個。

ポッポは比較的楽に進化するわけですね。

ということは…。ポッポをたくさん集めて、進化させまくれば、効率よく、500 EX が次々に手に入ります。

poppo2

pijon

ポケストップがたくさんあるところや、お香を炊いた状態でポッポを集めまくって、「しあわせたまご」を使えば更に経験値が 2 倍。

happy-egg

トレーナーのレベルが上がれば、捕まえることのできるポケモンも良い物が増えます。

さらに、レベルが 12 を超えると、ポケモンを捕まえる確率が高くなる「スーパーボール」が手に入ります。

トレーナーレベルは重要なわけです。

しかし、哀れコラッタ。

一応、進化させてみましたが…。

koratta2

latta

ああ・・・。

これは、かわいくは・・・。ないですね。

ポッポを使ったレベルアップを「ポッポマラソン」というらしい

まあ、自分が思いつくくらいなので、世間にはすでに知れ渡った方法だったようです。

これを使えば、高レベルもすぐ見えてきます。

ただ、Ingress でもそうでしたが、あまり「効率」ばかりを追求しても殺伐感が増すばかりで、ただ、効率のために作業している自分を「なにやってんだろう」。

と、ゲームをやめるきっかけを作ってしまいます。

Ingress 以上に、個人のペースで遊べそうな「ポケモン GO」。

はじめのうちから自分のペースを守るのは長く続ける秘訣だったりもします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク