Moz的検索エンジンのランキング決定の要因

スポンサーリンク

Mozが調査、分析したランキングを決める要素です

今、ブログを運営する上でどの程度SEOを意識していますか?

と、問われると「ほとんど意識していない」というのが正直なところです。

あえて、意識してると言えば「変なこと、悪いことはしない」くらいでしょうか。

ただ、そのランキングがどのように決定されているか傾向を「知っている」か、「全く知らない」とでは、その状況は違うかと。

そこで、参考となるのがMozの2013 Search Engine Ranking Factors

検索エンジンがランキングを決定する際の要因を独自に調査、分析しています。

もちろん、これが「真の答え」というわけではないと思いますが、傾向を把握することはできると思います。

まあ、以前からSEO界隈で言われていたようなことが要因としてあげられているのですが、ちょっと気になっていたのは

「Google+で+1されること」というのが要因として高いことです。

個人的な経験ですが、Google+に記事投稿(Bloggerなどは連動して投稿できて、自動で自分の+1が入る)をすると、アクセスが良い傾向にあるのは実感としてありました。

実数を取って調査したわけではないので客観性はないのですが、個人的には「ああ、やっぱり」という感じです。

日本人的な感覚では「自分の投稿に+1する」というのはちょっと抵抗ありますが、記事にしている以上「みんなに読んでほしい」と思って書いてるわけなので、+1しても、まあ悪いわけではないですよね?

良いと思ってるから記事書いてるわけですし。

SEO目的で「Google+」を始めよう!なんて言いうつもりはないですが、個人的にはGoogle+ユーザーなので、コレを機にちょっと使ってくれる人が増えると良いかな・・・?と。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク