Moto 360 Android Wear のおすすめアプリ

スポンサーリンク

moto 360 を使って約 4 ヶ月、これは必須なおすすめアプリを紹介

いずれ使わなくなるかなー。

と、そんな心配をしながらも購入 4 ヶ月を過ぎても朝ちゃっかり腕に装着して出かけています。

moto 360。

プライベートよりは、仕事用のスマートフォンで大活躍しています。

メールの簡単なチャックや、Line のチェックと着信の通知と、何かと便利です。

普段は電池のことを考えず利用していますが、アプリを使いはじめると持ちが気になります。

よって、アプリはほとんど入れずに運用しています。

とはいえ、「これはあったほうがよい!」というアプリも 4ヶ月つかっていると、徐々にわかってきます。

個人的にマストな Android Wear アプリの紹介です。

ウォッチフェイス

Android Wear の楽しみといえば、「ウォッチフェイス」を自由に変更できる点です。

無料のものもありますし、有料のものもあります。

値段は、100円から300円くらい。

自分の好きなものを使うのが一番だと思います。

ここではいろいろ使ってきた上での感想です。

アナログ時計より、デジタル時計が見やすい

せっかく丸い moto 360 を使っているんだから、アナログ時計を使えば良いのに。

と、自分でも思うんですが。

しかし、いろいろ使いやすかったのが「デジタル表示」。

使いやすかったというか、「見やすかった」。

という方が正しいかも。

その中でおすすめなのが、この 2 つ。

Watch Face – Minimal & Elegant

価格:¥129  平均評価:4.6(2,190 件)

有料のウォッチフェイスですが、これがすごくシンプルで見やすいのです。

丸いデザインにもあってますし。

あと、おそらく一番長く使っているのがこれ。

Material Watch Face

価格:¥144  平均評価:4.2(460 件)

こちらもすごくシンプルなのですが見やすい。

時間は当然なのですが、日付や、天気などもひと目でわかるので便利です。

ウォッチフェイスには 2 つの種類がいる

上記2つは、「単独」のアプリとして動きます。

しかし、ウォッチフェイスの中には、「カスタムツール」をインストールしてあること前提で動くものがあります。

そのカスタムツールとして、メジャーなのがこちらの 2 つ。

WatchMaker Premium Watch Face

価格:¥300  平均評価:4.5(8,308 件)

Facer Watch Faces

価格:¥119  平均評価:4.1(5,187 件)

WatchMaker はフリー版もありますが、もちろんながら機能が制限されています。

ここは最初からプレミアム版を購入することをおすすめします。

これらのツールはインストールすることで、様々なウォッチフェイスが使えるようになったり、カスタマイズできます。

また、これらをベースに作成されたウォッチフェイスを使えるメリットがあります。

これは好みの問題もあるので、一概には言えませんが、個人的には「WatchMaker Premium」の方がおススメです。

ちなみに個人的に WatchMaker でつかっている表示はこちら。

BadApps B&A Watch Face

価格:0  平均評価:4.2(207 件)

先ほど、アナログは見づらいと、いったばかりなのですが。

アナログ表示するなら、どれ?

と、言われるとこれをおすすめします。

理由としてはシンプルなこと。

アナログ表示でも天気など様々な情報を表示するウォッチフェイスはあるんですが、情報量が多いとアナログ表示は見づらい。

なので、このくらいシンプルなのが良いです。

あと、比較的長く使ったアナログ表示は、これ。

Ranger Military Watch Face

価格:¥199  平均評価:4.3(1,908 件)

ナイトモードでは、蛍光色で光るのですが・・・。

そもそも盤面が光っているのがスマートウォッチ。

暗闇でも普通に見えるんですが、蛍光色の緑が雰囲気出してくれます(笑)。

歩数とかわかって面白かったんですけどね。

ただ、電池の持ちが良くないのが欠点でしょうか。

地味に役立つカレンダーアプリ

画面の小さいスマートウォッチでカレンダーアプリは見ないだろう。

そう思っていたんですが、これがあるシチュエーションで異様に役立つことが判明。

どういったシチュエーションかというと。

スマホで電話をしていると、「来週のこの時間あいてますか?」とスケジュールの確認をされるんですが・・・。

そのスケジュールを確認するのに今話しているスマホでカレンダーを見るしかないというシチェーションです。

通話中でも確認できないこともないです。

ただ、一旦耳元から電話を話す必要がります。

イヤホン接続ならそうでもないかもしれませんが、今度は通話中の画面を触って、カレンダーアプリを起動。

うっかり間違えて、通話を切断。

って、やったことないでしょうか。

こういったシチュエーションのとき、カレンダーアプリが役立ちます。

スマートウォッチでスケジュール確認できるので、電話をしながらでも余裕です(片手は電話をもっているので、多少扱いづらいですが)。

そんなカレンダーアプリでおすすめなのがこちら。

Calendar For Android Wear

価格:0  平均評価:4.0(825 件)

インストールするだけで簡単に Google カレンダーと同期してくれるので、あとは起動するだけでスケジュール確認が可能です。

もちろん、こうした特殊なシチュエーションだけでなく、ちょっとしたスケジュールを確認するときもわざわざスマホをとり出さなくて良いので、そういった時も楽です。

案外役に立っているアプリ

実は、上のアプリたちだけでほぼ満足の行く使い勝手になっているんですが。

これまたちょっとしたときに役立つのがこのアプリ。

PixtoCam for Android Wear

価格:¥199  平均評価:4.3(693 件)

こちら、スマホのカメラ撮影をリモートでコントロールできるアプリです。

おそらく他のリモートカメラアプリで代用することも可能です。

個人的に普通にリモート撮影する機会がゼロなんで、本来なら不要なアプリなんですが・・・。

このツールにどういった利点があるかというと、これまたレアケースなんですが、我が家では圧倒的な効果を発揮するシーンがあるのです。

それは、子供がソファーの下や、家具の隙間に転がしたおもちゃの部品捜索のときです。

暗くて狭い場所でも、ライトが付きます。

また撮影ができるので、発見したら写真をとってそれを手がかりに棒などを入れて、救助という流れです。

このアプリを紹介した動画がこちら。

スマホだけでは解決できないことをフォロー

スマートウォッチって何に使うの?

というのは、スマートウォッチが出たころから話題になっていました。

現在でもそこは、いろんな方が思っている疑問点だと思います。

4ヶ月使って感じたのは、「スマホだけでは解決しづらいシチュエーション」を助けてくれるのがスマートウォッチなのかなと。

簡易的ではあるものの、「画面がもう一個ある」といった考えで扱えると、すごく便利な気がします。

カレンダーアプリにしても、カメラアプリにしても、個人的に長く使っているアプリはそんなアプリです。

次世代のデバイスのように取り沙汰されてもいますが、「スマホのオプションツール」と考えると、すごく優秀なツールだと思います。

まだ、スマートウォッチを購入するか迷っている方で、上記の記事をみて「あ、便利そうだな」と思った方は購入してもそんはないと思いますよ。

モトローラ Moto 360 Watch スマートウォッチ Android Wear 【並行輸入品】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク