【母の日】カーネーションの色の意味

スポンサーリンク

皆さんは母の日感謝をちゃんと伝えてますか?

男性の独身だとなかなかそんな機会がないかもしれません。

私は独身中はおそらく1回も母の日を祝うなんてやってません。

ただ、結婚しますとなかなかそうもいってられなくなります。

自分の親はこれまでろくに祝ってこなかったというのに・・・。

体面上、奥さんの母親にいとも「当たり前」といった感じで祝う必要が出てきたりします。

そして、片方だけ祝うわけにはいかないので急に自分の親も祝うという事態に。

母親的には苦笑いでしょう。きっと・・・。

家族って難しいですね。

親戚の人間関係はさておき

そんなことですから、「母の日」に関する知識は乏しい訳です。

そもそもなんで、母の日ができたのか由来すら知らない訳です。

母の日の起源はアメリカの祝日

ネットで調べたところ、起源はアメリカのようです。

母の日
-gogen-allguide.com

母を亡くした少女が生前にちゃんと感謝を伝えるべきということで広まったのが由来のようです。

諸説あるようですが、これが有力みたいですね。

日本で広めたのは森永

あー。だから、母の日にチョコレートを送りましょうとか、うるさいんだなー。

って、やべえ!ロッテだった!

カーネーションの色の意味

母の日と言えば、「赤いカーネーション」なわけです。

結婚してから何度目かの母の日、今年もつつがなくプレゼントを送ったわけですが・・・。

アンナの母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾ったことから、母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾るようになり、カーネーションを贈る習慣へ変化していった。
-http://gogen-allguide.com/

あ。そういえば「白いカーネーション」って無いなと思ったら・・・。

白いカーネーションは、亡くなったお母さんへ送る花なんですね・・・。

知らなかった・・・。

そういえばネット通販系の「母の日キャンペーン」でも、白いカーネーションは見なかったなあ。多分。

間違って送らなくてよかった。

苦笑いじゃ、済まないわ。絶対。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク