QR コードアプリ要らず。LINE で QR コードを読む方法

スポンサーリンク

QRコードを読みたい!

普及していると言えば、それなりに普及している QR コード。

最近では、広告やら商品のパッケージなどの付いていても「珍しい」とは思わない存在です。

しかし、頻繁にスマートフォンで「QR コード読んでます!」。

という方は案外少ないではないでしょか。

何かのタイミングで入れたものの、ずーっと起動しない QR コードアプリ。

ある日、もう使わないかと削除すると、QRコードを読み込む事があったりして、またインストールしないと!

といったこと、ないでしょうか。

QR コードは LINE で読み込めば良い

普段 QR コードを利用しない方でも、LINE をやっているという方は多いと思います。

知っている方は知っていると思うのですが、実は LINE で QR コードが読み込めるんです。

使い方は簡単。

まずは LINE を起動。

あとは、画面下のメニューバーにある「その他」を選択。(iPhoneの場合です)

画面上の「友だち追加」を選択。

line-other

あとは、QR コードを選ぶだけです。

line-qr-code

そうすると、QR コードの読み込みが起動します。

line-qr-code-camera

「それは友達の QR コードを読み込むためのものでは?」

と、思われるかもしれませんが、これがちゃんと普通の QR コードも読めるし、その先の Web サイト等もちゃんと認識してくれます。

自分のサイトの QR コードを作って読み込んで見たところ。

ちゃんと認識されました。

line-qr-code-result

あとは、「開く」ボタンをクリックすると web サイトが開きます。

これを知っておけば、QR コードリーダーが無くても、あわててインストールしなくて大丈夫です。

普段使っている Line だけで対処できます。

LINE でカメラが ON にならない!

LINE(iOS 版)では、最初にインストールした際に「カメラを利用しない」設定にしていると、QR コードが使えません。

QR コードリーダーを使いたい場合は設定を変更して「LINE でカメラが使える」ようにします。

ちなみに、設定がされていないとこんな表示が出てきて、使えません。

line-camera-off

これだと、LINE の中に設定があるのかと一瞬思ってしまいますが、そうではないようです・・・。

LINE でカメラを使いたいときは、iOS の「設定」から

LINE インストール時に「カメラを使わない」設定にしてしまった場合。

あとから LINE でカメラを使いたい場合は、iOS の「設定」から設定を行います。

LINE 内の「設定」ではないのでご注意を。

iOS の「設定」>「プライバシー」>「カメラ」>「LINE を ON」です。

iOS の「設定」からプライバシーを見つける。

ios-priv

次に、カメラを見つけます。

ios-camera

その中に、LINE がありますので、「ON」にすると、LINE で QR コードリーダーなどカメラに関する機能が使える要になります。

ios-camera-line

QR コードリーダーなんて普段使わないよ

という方は、この方法を知っていると、わざわざ QR を読み込むアプリをダウロードしなくて済みますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク