【鹿児島県】鹿児島県姶良市のソウルフード? 加治木まんじゅう

スポンサーリンク

鹿児島の隠れた名品「加治木まんじゅう」

鹿児島県内や、宮崎県南部(おそらく都城市付近)では圧倒的な知名度を誇る「加治木まんじゅう」

こちら、パッケージ。

鹿児島県姶良市出身者はこのパッケージを見ただけで「ビビビーンッ」とくるはず。

kajiki-manju-shinmichiya-pack

中身はこんな感じ。

kajiki-manju-shinmichiya-open

大きさは一般的な「饅頭」のイメージよりはちょっと大きめかも。

一定のサイズはないと思いますが、手のひらに乗せるとこのくらい。

女性は 1 個食べると、満足しちゃうかもしれません。

kajiki-manju-shinmichiya-one

中は「こしあん」。

つぶあんタイプは存在しません。

こしあん派からはこれが圧倒的な支持を得ています。

kajiki-manju-shinmichiya-naka

このこしあんが、皮のしっとりとした食感と非常にマッチして美味しいのです。

加治木まんじゅうの美味しさは、この「皮のしっとり感&こしあんのまろやかさ」が秘訣だと思っています。

鹿児島県、それも姶良市近辺では絶大な支持があるこの「新道屋の加治木まんじゅう」。

この他にも「加治木まんじゅう」と冠された商品は多々あります。

はっきりいってそれらとは、一線を画す「新道屋」

本物の加治木まんじゅうはこれだけだ!

と、言っても過言ではないと思っています。

全国的どころか、九州レベルでも認知度が・・・。

鹿児島の認知度は非常に高い。

しかし、それ以外ではほとんど知名度がないこの「加治木まんじゅう」。

その原因は、圧倒的に短い「食べごろ」でしょう。

蒸して食べる饅頭ですが、冷めてしまうと味が落ちます(地元民には、多少冷めてしまったほうが好きな人もいます)。

電子レンジで温めなおすこともできますが、2日程度が限界です。

そのため、なかなか県外のおみやげにはしにくい。

それ以上時間が経つと固くなってしまい、温めてもあまり復活しなくなります。

電子レンジが一般的でなかった時は、炊飯器でご飯と一緒に温めるなんていう技も鹿児島では定番のワザだったんですが・・・。

そのため殆どのお店が、「製造直売」のスタイルで提供しているため、デパートやおみやげ屋さん等で扱いがほとんどありません。

もちろん、空港やサービスエリアでも一部あるものの、殆どが直販。

「食べるなら、鹿児島に来るしかない」。

それが、鹿児島の隠れたソウルフードとも言える「加治木まんじゅう」です。

鹿児島まで来たなら「新道屋」へ

ちょっと、一般的な観光地ではないので旅行者の方が来るような土地ではありません。

なので、なかなか県外の方には訪れにくい場所というのもネック?

なのかもしれません。

場所は、JR 日豊本線 加治木駅のすぐ横。

看板もさほど大きくなく、販売カウンターも普通の窓があるだけ。

工場と直結しているため、衛生面から閉じられているので、「行列」がなければ見落としそうなお店です。

日によっては売り切れることもあるので、早い時間に買いに行くのが確実です。

まとめ買いは当たり前。地元民のロットは10個

一応、販売個数にロットはありません。

1個でも、10個でもお客さんの要望を聞いて、包んでくれます。

しかし、地元民は 新道屋に行くと 10 個 くらいから購入する方が結構多い。

1つ 90 円 税込です。

およそ 1,000 円 です。

20 個 買う人も珍しく無いです。

そんなにどうするんだ?

という話ですが。

新道屋の加治木まんじゅうといえば、おみやげの定番です。

もちろん自分で食べたくて買うんですが、せっかく買ったなら、家族や親しい方にも買っていこう。

と、なるのが「加治木まんじゅうの魔力」です。

なんといっても、おみやげや、差し入れとして間違いがない。

ソールフードなんです。

自分で買うより、圧倒的に人にもらうほうが多いという方も多いんじゃないでしょうか。

地元の味だからこそ

個人的には、このまま頑張ってほしいと思っています。

もちろん、全国区になってくれたら嬉しいですが・・・。

でも、それはなんだか違うものな気がします。

「鹿児島でしか食べれない味」だからこそ。「ソウルフードでしょ?」と思ったり。

とはいえ、「鹿児島でしか食べれない味」として、九州くらいでは認知されてほしいなあ。

なんとも悩ましいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク