ついに登場!メガネタイプのウェアラブル端末 JINS MEME SE を購入。期待していた以上の出来にこれは生活激変しますわ。

スポンサーリンク

11月5日発売の JINS MEME ES を早速購入!

jins-meme

JINS MEME が発表されてからずーっと楽しみにしていた発売日。

JINS ショップは色んなとこにあるんですが、MEME を発売しているのは限られた店舗だけ。

福岡市では博多駅と、天神の2店舗でしか販売していません。

私は、最寄りの「JINS 天神西通り店」で購入しました。

一応、天神西通り店の一番乗りでした

店舗の開店時間からは40分ほど過ぎてから、買いに行ったのですが、私が「MEME」くださいというと、女性スタッフの方が対応してくださいました。

しかし、どこか探りながらの対応・・・。

あ。これは自分が一番最初だな。と思ったので、聞いてみたところやはり一番乗りでした。

「そうなんですー。おめでとうございますー。」

と、祝っていただきました。

しかし、逆に福岡県でこんなに楽しみにしているのは自分だけなのか・・・。

と、ちょっと残念な気持ちに。

JINS MEME ってなに?

これは結構話題でしょう!?

と、思っていたんですが。私の周りも知らない方が多い!

もっと話題になってよいでしょう!と、思っているんですが・・・。

購入直後も、

スカウターですか?

服が透けて見えるんですか?

メールとか地図がレンズに表示されるんですか?

電話くると、震えるんですか?

と、半ばバカにしたようなコメントが多数いただきました(笑)

なんか認知度が低いので、説明しますと。

JINS MEME は、

目の動きや体軸を測定し、自分の体の状態を教えてくれるツールです。

詳しくは JINS MEME 公式サイトをどうぞ。

期待していたけど、予想以上に面白い JINS MEME

そんな JINS MEME ですが、個人的には買って半日ですが、すでに大満足です。

とにかく面白い。

これまで、Nike fuelband や Sony Smartband あと、一応 Moto 360 など「ウェアラブルデバイス」を使ってきましたが、この JINS MEME は一味違います。

Moto 360 はまた性格が違いますが、上記ツールは、基本「活動量」を量るツールです。

変な言い方をすれば「万歩計」の延長線にあるツールとも言えます。

しかし、JINS MEME はこれまでの活動量だけではなく

体の面で言えば、

  • 歩くときの姿勢
  • 座っている時、歩いている時の安定性
  • 体軸の傾き
  • 眠気(疲労度)

などを計測してくれます。

また、計測はにはメンタルな面に及び、

  • 集中力
  • 活力
  • 落ち着き

と言ったことまで計測してくれます。

これまで「どれだけ動いたの?」ということは数値化出来ましたが、JINS MEME はこれまで数値化できなかった領域を数値化してくれます。

つまり量だけではなく「正しく動けたか?」や「集中できたか?」というを計測できるんです。

実際、計測してみると・・・

JINS の計測値は上記の数値を踏まえ、

脳年齢

体年齢

という指標で表示されます。

計測したのがこちら。

【脳年齢】

brain-age

こちら最も数値が良かった時のキャプチャー。

こういった感じで表示してくれます。

帰宅途中で出た数字です。帰宅途中、zone に入ってたのか・・・?

【体年齢】

physical-age

こちらも同じく帰宅途中。

左肩にバッグを欠けていたせいか、右に傾いている状態。

姿勢が良くないみたいですが、安定しているということはカバンをかけたまま固まってるんでしょうね・・・。

だからストレッチしろと。

結構、納得行く数値が出ています。

その他にも、一日仕事をしていて、「ちょっと集中力ないなー」と、感じた時は「集中力」が下がっていました。

おそらくそういったところも計測出来てるみたいです。

数値に関しては、いろいろ試してみました。

猫背なので姿勢はなるべく気を使ってるんですが、なかなか良い結果が出ませんでした・・・。

初期設定の調整が良くないのかも。

ただ、使っているとデータも蓄積されて精度が高くなるそうなので、もうしばらく様子を見ても良いのかも?

動きの中で質という観点を持ち込む。それだけでかなり価値がある

先程も言ったように猫背です。

ずっと、治そうとは意識しているんですが、意識だけではなかなか変われないのも事実。

このJINS MEME はそうした意識に対して、「客観的な数字」を与えてくれます。

実際、半日使っただけですが、姿勢への意識は半端無かったです。

記録はスマホですぐチェックもできるので、どれだけ自分ができているかもすぐ判ります。

これはすごい。

もう、生活への意識が一変します。

税込みで 4 万円超えますが、それだけの価値はあると思います。

すんごい面白いです。

まだ試せていませんが、ドライブの際の疲れを計測してくれる「DRIVE」アプリ。

ランニングの際のフォームの傾きを計測してくれる「RUN」アプリ。

こちらまだ試していませんが、週末ぜひ試してみたいです。

JINS MEME そのほかの細かいこと

購入してわかったことをまとめておきます。

いま、購入を検討している方は、要注意かも?です。

細かい微調整はできない

鼻のと、おでこの部分がセンサーになっています。

かつ、フレーム部分には機器が詰め込まれています。

そのため、メガネを買うと必ずやってもらう「微調整」ができません。

鼻に当たる部分を少し狭くしたりとか、つるの部分を調整したりできません。

スタッフのかたも案内してくれると思いますが、サイズはかならず店舗にある MEME で確認したほうが良さげです。

個人的には結構フィット感がありましたが、合わない方もいらっしゃると思います。

完全防水ではない

雨や、濡れ手で触ったり、汗ぐらいまでなら耐性あるそうですが、サウナだとか、お風呂はアウトみたいです。

たまにメガネのままお風呂に入るという方もいらっしゃいますが、そうした使い方はできない見たいです。

精密機械ですからね。仕方ないです。

ちょっと重い

これまで、軽さを売りにしたメガネを使っていたので、ちょっと重さを感じてしまいます。

一応 36g というのが公式スペックですが、重く感じます。

このへんは慣れでしょうか・・・。

以前のメガネと同じ度数にしたのですが、メガネってレンズの大きさや形でも若干見え方が違います。

そのへんと相まってか、使用していて結構疲れました・・・。

当分は常に「普通のメガネ」と併用しないとシンドい場面も出てきそうです。

基本的にレンズは、JINS のメガネと同じ

JINS MEME はレンズには特殊なことはなにもされていません。

なので、メールも表示されなければ地図も表示されません。

センサーなどの機器はすべてフレームに付いています。

よって、レンズの加工について特殊なことはなにもありません。

私は、古いメガネの度数と同じものを作ってもらいました。

ブルーライトカットなどは入れませんでした。

よって、即日渡し。

メガネの度数がきつくて、ブルーライトカットタイプにしたい方は時間がかかるそうなのでご注意をください。

半日使っただけですが、すでにマストアイテムへ

全然まだ使い慣れていませんが、もはやマストアイテムです。

移動の間、自分がちゃんと歩けているか意識するだけで全然動きが違います。

普段使ってない筋肉をつかったようで、筋肉痛になりました・・・。

体も固いので、無理は禁物でしょうが、歩き方の姿勢も良くなっているような気もします。

30代も半ばになってくると、ちょっと動いただけでは全く痩せなくなってきました・・・。

正しい姿勢でいることは結構エネルギーを使うことだと聞いたことがあります。

これまでの運動に合わせて使えば、ダイエット効果も大きいかも知れません。

そんなことを期待しつつ、使い続けようと思います。

もし、購入に悩んでいる方がいらっしゃたら、ぜひオススメです。

本当に、生活一変しますから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク