Hulu を一度解約したけど再び入会!密かに目論む英語教材としての活用術

スポンサーリンク

Hulu ってご存知ですか?

以前はといってもだいぶ前ですが、個人的には「新進気鋭」の動画サイト。

と、認識していた Hulu

いつの間にか「動画配信サービス」としては、ファーストチョイスに上がるサービスになりました。

かつて入会したのは、もう 2 年くらい前でした。

そのときは「鷹の爪団シリーズ」が見たくて入会しました。

しかし、それ以外に見たいと思えるものもなく。

また、なかなか映画を見るという時間もとれずに、解約してしまいました。

それ以後、特に触れる機会のなかった Hulu ですが・・・。

最近はまた作品などが増えてきました(以前は日本のコンテンツが少なかった・・・)。

再び Hulu に入会しようと思ったキッカケ

まずは、みたいなーと思う作品が増えたから。

というのは大きいです。

最近だと、「12モンキーズ」のドラマ版が放映されていること。

12モンキーズって言ったら、ブルース・ウィルスとブラット・ピットが出演していた映画です。

SF として名作の 1 つにあげられる作品。

これがいまドラマ版で放映されています。

あとは、「機動警察パトレイバー」。

作品公開前から、なにかと賛否両論うずまく作品ですが、コミック、小説、OVA と見てきたファンとしては一度は見ときたいじゃないですか。

ということで、Hulu に再度入会しました。

娯楽だけではない、英語学習教材としての Hulu

もう 15 年も前の話なのでいまさらですが・・・。

実は、しばらく海外に居たことがありまして。

このとき個人的に英語の勉強というのをしばらくやりました。

そこで「これは効果あったなー」という英語の勉強方法が

海外の映画を英語のままで見る

という方法です。

なんのヒネリもない方法論ですが。ちょっとコツがあります。

もちろん、いきなり英語で見てもなかなかリスヒングがついてきません。

そこで、字幕を活用します。

日本語字幕では意味がないので、「英語字幕」にして映画を見ます。

hulu-english

Hulu もこうした字幕に対応した作品が多数あります。

残念ながらすべての作品がそうなっているわけではなく、Hulu のなかの「映画で英会話」が対象コンテンツです。

hulu-english-category

まあ、Hulu さんもそういったことを考えてか、この切り口でコンテンツを活用してみることをおすすめしているわけですね。

この「映画で英会話」のコンテンツにある作品は「英語字幕」がついています。

hulu-english-setting

他のコンテンツは残念ながら「日本語の字幕」しかありません。

ただ、こうして映画を見ると、なんと言っているのかが一目瞭然。

「コンテンツが限定されていて見たい映画がない!」

と、思われるかもしれませんが、英語教材の場合「見たい映画」でやってしまうと、内容が気になってしまってついつい見てしまいます。

英語の勉強に集中するためには適当に選んで、「これで良いかな?」ぐらいの映画の方が向いてるかもしれません・・・。

あとは、一度見たことがあるやつ。でしょうか。

内容がわかっていると、英語の表現やリスニングに集中できます。

英語の映画を英語字幕で見ると

なんと言っているのかわからない言葉を何度聞いても意味がわからないままです。

そこで、英語字幕をつけると「自転車の補助輪」のような役割をしてくれます。

もちろん、知らない単語はその場で一時停止して調べることも可能。

ネイティブな表現なども随時入ってくるので

「ああ、こう言えばよいのか」

というのがわかって、だいぶ役立った記憶があります。

もう一度英語を学習?

まあ、切羽詰まって英語を使う場面が無いので、必要性は低いのですが。

以前はギリギリ、日常英会話くらいはこなしていたのでその感覚は取り戻したいなあ(甘い?)。

と、おもう今日このごろ。

まあ、せっかくなので時々英語の感覚を復活させるためにチャレンジしたいと思います。

Hulu は常日頃無料キャンペーンをやっています。

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

興味のある方はこの機会に試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク