【月額2,000円安くなる?】デュアルSIMスマートフォンで2回線契約も、月額使用料も安くなるよという話

スポンサーリンク

Moto Z play2 を遅ればせながら購入

最近スマートフォンを購入するどうしても譲れない「最低要件」としてあげているのが、デュアルSIMです。

簡単に言えば、SIMが2枚刺さります。そういった形式のスマートフォンですね。

残念ながら iPhone は現状はデュアルSIM対応版はないですね。

次期モデルで登場なんて話もありますが…。どうなんでしょうね。とりあえずiPhoneユーザーに戻るつもりは現状ほぼないですが…。

日本のキャリアドコモ、ソフトバンク、auではこの「デュアルSIM」対応のスマートフォンは取り扱っていないような…。

しっかり見たことがないのでちょっと不明です。

逆に格安SIMを取り扱うところでは見かけますね。おそらく、格安SIM系の会社であれば、「デュアルSIM」にするメリットがあるからだと思うんですが…。

デュアルSIMであることのメリット

使い方によってメリット(デメリット)はいろいろあるかもしれませんが。

個人的には大きく分けて2つのメリットがあるかなと。

  1. 2つの電話番号が扱える
  2. 通信回線と電話回線を切り分けられる

というのがあるかなと。

まず最初の電話番号が2つというのは、人を選ぶかなと思います。個人使いにおいては多分、メリットはないかなと。

ただ、仕事に置いては便利な場合があります。

個人的に仕事用と、プライベート用のスマートフォンを2台持っています。という方は多いのではないでしょうか。

私も仕事用のスマートフォンと、個人用のスマートフォンを2台持っていました。

しかし、スマートフォン2台持ち歩くって結構めんどくさいです。2台もあるとやっぱり重いし。

充電のこともあります。下手にiPhoneとAndroidの2つを持つと接続するコード類もそれぞれ持ち歩くこととなります。

機体の世代が違うと、充電のコネクタが違うなんてことはiPhoneでもAndroidでも起きます。

カバンの中がコードだらけになってしまって、これはめんどくさい。

こうした状況を1台に集約してくれるのが「デュアルSIM」なわけです。

現状デュアルSIMがあるスマートフォンは「Android」だけなので。デュアルSIM環境を用意するとなると、Android一択になってしまいますが…。

スマートフォンに電話番号が2台紐づくとどうなるの?

単純に電話が2回線になります。

2回線の電話をかけることも、受けることも1台でこなせます。

実際、スマートフォン上でどうなるかというと。

電話をかけるときは、このように選ぶことができます。

個人的には仕事用、プライベートとそれぞれ番号に名前を付けています。これはいつでも、自由に設定できます。

SIMの番号を記憶」と、ありますが仕事用で電話をかける人、プライベートで電話をかける人をどちらの番号で電話をかけるか記憶することも出来ます。

個人的には、選ぶようにしています。

電話がかかってくる場合は、SIM1枚のときと同じです。

ただ、どちらのSIMの番号にかかってきているか表示されます。

履歴を見ると、こんな風になります。

どちらの電話でかけたのか、かかってきたのか判ります。

2回線の電話番号をちゃんとマネージメントしてくれます。

サラリーマンの方は会社用のスマートフォンとプライベートのスマートフォンを持ち歩いている方もいらっしゃると思います。

「会社が許してくれれば」という前提がありますが、自分のスマフォに会社用のSIMを入れてしまうと便利。なんてこともあるかもしれません。

私は個人事業主なので制限もありませんし、プライベートと仕事の境界なんて虹の色の境界線くらい曖昧なので重宝しています。

デメリット

デメリットを上げておきますと。

電池が切れたら、2回線が同時に止まります。会社のスマートフォンの電池が切れてしまった!でもプライベートのスマフォで対応した。

なんてことはできなくなります。

また、スマートフォンを失くした場合、2回線同時に消失します。

ある意味非常にリスキーかもしれませんね…。

一応まだなくしたことはありません。

応用編

データ通信と通話回線で切り分けるという使い方ができるのも「デュアルSIM」のスマートフォンのいいところです。

格安SIMの会社には「通話用SIM」「データ通信専用SIM」を販売している会社があります。

最近は、通話専用SIMというのは見かけなくなりましたが…。

そのSIMをそれぞれ使うと…。

通話料、通信費用を抑えられたりします。

最安値を突き詰めたことはないですが、少なくともいわゆる「ドコモ・au・ソフトバンク」の1回線で通話もデータ通信もとするより、安くなる傾向にあります。

「パケ死」なんて言いますが、月末通信費用が苦しい人はデュアルSIMを検討すると、ハッピーになれるかもしれません。

例えばですが…。

格安SIMとの料金比較

ドコモを例に上げたいと思いますが、家族割などをしない状況でドコモを利用した場合。

  • カケホーダイライトプラン:1,700円
  • SPモード:300円
  • ウルトラデータLパック(20GB):6,000円
  • 合計:8,000円

というプランになります。15年以上ドコモを利用していると、800円値引きがありますが、今回はそちらはなしとして計算しています。
【参照:ドコモ スマートフォン おすすめ料金プラン】

NTTドコモのスマートフォンのおすすめ料金プランや割引サービスをご紹介します。

現在格安SIMは多く存在しますが、「BIGLOBE」で比較してみます。



  • 音声通話SIM(20GB):5,400円
  • 合計:5,400円

ということで、月額で2,600円安くなります。

ただ、注意が必要なのは上記プランでは留守番電話対応や、SMSサービスが含まれていません。また、カケホーダイ的な通話サービスも適用されません。

このへんのサービスはその方の使い方によって違ってきますが…。

仮に2回線契約している場合は、5,200円も安くなります。

さらに端末料金のことを考えると…。1台で良いわけですから、さらに安くなりますね。

今回はせっかく「デュアルSIM」の話をしていますので、これを「デュアルSIM」らしいプランに変更します。

ざかしんく的デュアルSIM契約

上記のBIGLOBEを例にします。

【SIM1枚目:主に通話用】

  • 音声通話SIM(6GB):2,150円
  • 留守番電話サービス:290円
  • 通話パック90:830円
  • 合計:3,270円

【SIM2枚目:主にデータ通信】

  • SMS機能付きデータSIM(12GB):2,820円
  • 合計:2,820円

SIM2枚合計:6,090円

回線は1回線になりますが、デュアルSIMの場合格安SIMを利用して「音声と通信用SIMを別々」に契約できます。

初期費用がちょっとかさみますが、ドコモのプランとほぼ同様の環境を月額約2,000円安く構築することが出来ます。

月2,000円安ければ、1年も使っていれば初期費用なんてすぐ回収しますし、複数回線契約するとキャッシュバックや割引があるケースもあります。

そしてこうした契約を可能にするのもデュアルSIMの魅力です。

デュアルSIMタイプのスマホは回線も2つ使えますが、データ通信用のSIMもマネージメントして使うことが可能です。

設定でどちらのSIMで「データ通信」するかを選択できます。

上記プランであれば、12GBまでは「データ通信用のSIM」を使います。

12GBを使い切ってしまったら、音声通話と併用しているSIMに切り替えて「6GB」分を使います。

BIGLOBEの場合はデータ通信量が1GB、3GB、6GB、12GB、20GBと選べるので、一ヶ月で利用するデータ通信量が少ない方はもっと安く費用を抑えられます。

ドコモなどのキャリアと比べ細かくきざんで選べるので、自分の使う調度良いデータ量を設定できます。

運用がめんどくさい!

と、思われるかも知れませんが月額2,000円は大きいですよ。2年縛りで考えるとさらに大きくなります。

SIMの会社にデュアルSIMの取扱がなくても、Amazonなどを探すと結構安くであります。

スマートフォンの月額使用料を少なくしたい方。特にビジネスとプライベート利用をしている方は検討の価値あると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク