DropboxのMac版がアップデートで写真の保存先に?

スポンサーリンク

以前から写真を取り込む機能を強化しているDropbox

Dropboxは、あなたの写真保管場所になりたがっている

という記事にもなっていますが、Mac版においてはスクリーンキャプチャーを自動で取得して、共有までしてくれるそう。

記事の記者も書いていますが、職業柄よくキャプチャを取る人や我々のようなブロガーにとっては便利そうです。

その他、iPhotoライブラリー全体をDropboxにアップロードし、イベント毎に整理するまでを一気に行うインポートツールまで用意されているとのこと。

これは、またさらに「写真の保存先」としての機能を強化しています。

しかし、この写真機能、私の周りでは「容量がなくなる!」という方によく出会います。

どちらかというと、本当の恩恵を受けるには「有料会員」というのが落とし所のようです。

「自動でアップロードしてくれる」という利便性は非常に魅力的ですが、写真の保存場所という事なら個人的は「Flickr」をオススメします。

魅力は、無料ユーザーでも「1TB」の容量があることです。

米Yahooが Flickr を全面リニューアル、無料で1TBまでアップロード可能に

米Yahoo!が買収後、凋落していったFlickrですがTumblrを買収したあたりから、米Yahoo!が復活をアピールしています。

写真は意外に容量食う割に、「消せない」ものが多いという方もいらっしゃるのでは。

Dropboxの自動で同期してくれるという機能も素晴らしいのですが、Flickrも捨てたもんじゃないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク