アイスコーヒのボトルにかいてあるコーヒー飲料とは?コーヒーと、コーヒー飲料の違い

スポンサーリンク

スーバーなどでアイスコーヒーを買うときに

暑さも本格的になってきて、スーパーなどで「アイスコーヒー」をまとめ買い。

なんて方も多いと思いますが・・・。

こういうやつですね。

暑くなると、アイスコーヒーのボトルをまとめ買いすることが多いのですが・・・。

ふと気がついたことが。

そのアイスコーヒーの裏のパッケージを見てみると「コーヒー」と「コーヒー飲料」という分類が書いてあります。

どうやら、アイスコーヒーと思っていたものには2種類あるようです。

コーヒー飲料とコーヒーは何が違うかというと

調べてみたところ。

「容量 100g あたりに含まれているコーヒー豆の使用量」

の違いだそうです。

5g 以上コーヒー豆を使用していると、「コーヒー」と呼ばれ、

2.5g 以上、5g 未満だと「コーヒー飲料」になるそうです。

これらのルールは「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」にて取り決めされているようです。

実際、店舗でアイスコーヒーのボトルなどを購入される際に、パッケージの裏を見ていただけると記載があると思います。

このあたりに関しては、「Blendy」がサイトで違いを主張しています。

ご存知ですか?ボトルコーヒーの2つの規格

blendy-coffee

実際のボトルの裏にも

blendy-bottole

コーヒー豆の量が多いからと言って、美味しいとは限りませんが・・・。

今後、ボトルタイプのアイスコーヒーを選ぶ基準にしようかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク