【実体験】疲れが抜けない?それはもしかしたらコーヒーが原因かも

スポンサーリンク

一日に沢山コーヒーを飲む方は、それを辞めると少し楽になるかも?

30代を過ぎて実感しているのですが・・・。

20代の頃に上の世代の人たちである 30 代、40 代の人に「若いねえ〜」と、言われたことは誰にでもあると思います。

だいたいこの後に「もうね、30代すぎると無理利かなくなるよ・・・。」

なんて話が続くんですが。

20代の頃には、「そんなこと言われてもなー」と心の中で思ってました。

そんなこと言われてもどうしようもないよと・・・。

30 代になって判る。彼らは皆悩んでいた

いつの間にか、自分が 30 代半ばになって、ついつい同じような事を若い世代の人に言ってしまう自分がいます。

何で言ってしまうかって、「悩んでる」のです。

だんだん、体力が続かなくなってきて、疲れがなかなかとれない。

徹夜なんてしてしまったら、まあ、クリティカルにその後に響く。

年齢のせいと行ってしまえばそれまでなんですけどね・・・。

それが、どうしても口に出させるんだろうなと。

とりあえず体質改善?コーヒーを減らす

以前、仕事中に言われたことがあるのが、

「インスタントコーヒーの粉が目に見えて減っていく」

それくらい、コーヒーを飲みまくっていたことがありました。

まあ、何でも飲み過ぎというのはよくありあせん。

徐々に減らしたんですが、多い日には 1 日に 4 杯以上飲む生活をしていました。

コーヒーは朝だけにする

とりあえず、コーヒーを朝以外は絶ちました。

理由は、「昼以降のコーヒーは夜の睡眠に影響を与える」。

という話を聞いたのが理由です。

コーヒーの持続時間は?

カフェインの効果と持続時間は? このような疑問はないでしょうか? あなた、ずばり、ありますね!? でしたら私の…

上記サイトによると、「半減期が」4 時間〜 6 時間程度と考えられます。

まあ、半減期というのは、「効果切れ」というわけじゃないようなので、もうちょっと時間がかかると思われます。

コチラのサイトでは、15 時間程度とされています。

まあ、とりあえず午後以降は飲まないほうが確実なようです。

ついでに言うと、以前は就寝前にも普通に飲んでいました。

ある意味自殺行為ですね。

とりあえず、コーヒーを無闇に飲むのをやめた結果

粉が減る勢いでインスタントコーヒーを飲んでいた人間が、コーヒをやめた結果、以下のことが判りました。

睡眠時間が短くてもちょっと大丈夫になる

もともとショートスリーパーではないのですが、睡眠時間が多少短くても持つようになりました。

もちろん、20代のような「徹夜しても何とかなる」的な回復はしません。

ただ、ちょっと睡眠時間が短くなっても前ほどわずかにキツくない感じです。

睡眠の質が良くなったのかもしれません。

カフェインが効くようになった

もともと日本人は体質的にカフェインに強いらしいです?

普段コーヒーを飲んでもカフェインの「覚醒作用」みたいなものは感じることがありませんでした。

「コーヒー飲んでも眠いものは眠い」。

くらいに思っていました・・・。

しかし、コーヒーを飲む回数を制限して1ヶ月程度でしょうか。

うっかり、夜「ペプシコーラ ストロング」を飲んだところ。

全く寝れなくなりました。

これは、どうやら普段取り過ぎていたカフェインを久々に取ったところ「効いた」という感じです。

これは、ある意味嬉しいです。

これまで全く効かなかったわけですからね・・・。

最近疲れが抜けないなと感じたら

コーヒーを控えてみると良いかもしれません。

コーヒーだけでなく、栄養ドリンクとか、コーラや緑茶もカフェインが多く含まれた飲料です。

こういったものを極力取らないというのが、しっかり休めて、その結果「疲れない」循環を作ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク