見つけた情報をブックマーク「Poket」と「Instapaper」を比較紹介 Poket編

スポンサーリンク

あとで読む。ツールの双璧?

個人的には長らく、「Instapaper」ユーザーです。

なので、ちょっと Instapaper 寄りにはなってしまいそうですが・・・。

「Instapaper」と「Poket」

今回紹介するのは、「Instapaper」と「Poket」です。おそらくですが、日本国内の知名度で行くと「Poket」が圧倒的に上&ユーザーも多いと思います。

どちらも、「記事をあとで読む」ためのブックマークツールだと思います。

最近では、Poketはサイトの「いいね!ボタン」や「Google+1」などのボタンと一緒に設置してあることも多いですね。

poket

一番右端のやつですね。

こちらのボタンを見かけることも多いです。

「Instapaper」は日本ではあまり知名度は高くないですが、「Poket」まではいないにしても、アメリカなどでは有名なブックマークツールです。

開発したのは元 Tumblr のマルコ・アーメント氏。アーメント氏がずっと1人で運用を続けていましたが、ユーザーも200万人を超えているそうで2013年の春に「Digg」などを運営しているBetaworksへの買収が行われました。

Poketを利用してみる

Poketを利用するためには、まずアカウントを作る必要があります。

When you find something you want to view later, put it in Pocket.

へアクセスして、Sing Up を選択して、メールアドレスとユーザー名とパスワードを入力すると完了です。

poket-login

実際ブックマークを利用する際には、2通りあります。

Chrome や Firefox の場合は「拡張機能」を追加することによって可能になります。

実際 Chrome で登録を行うとこのような感じで「拡張機能の追加」を促されます。

poket-chrome

これ以外のブラウザの場合は、「ブックマークレット」を利用する形になります。

ブックマークのリストなどに「リンク」を追加する形です。

今回は、Chrome や FireFox を使う形で行っていきます。

ちなみにですが、IE8でアクセスするとこんな感じになります。

ie-poket

なんだかんだまだ利用者のいるIE8だと「モダンブラウザでみなさい」と促されます。

実際ブックマークする

ブックマークする際は、導入した拡張機能をクリックするだけです。

ブックマークするとその情報が、Poket に登録されるのであとは PCやらアプリを入れたモバイル端末からあとで閲覧することが可能です。

もちろん、サイトに設置してある「Poket」のボタンも同じ効果があります。

Poket をつかってみて

これまで、Instapaper を使ってきたんですが、イメージとしては非常にポップで使いやすいです。

最大の違いは「画像を表示してくれる」点です。

poket-list

こういった感じで表示してくれます。

ときどき、画像を拾ってくれない(「ざかしんく」を拾ってくれない!)

サイトもあるみたいですが、一覧性が高くてあとで読むとき見やすそうですね。

Instapaper には画像の表示機能はありません。

モバイルではこんな感じです(Nexus5で使用)。

poket-mobile-list

poketのメリット

ブログサイトやニュースサイトで「poket」ボタンがある(ブックマークしやすい)

画像などがあって、あとで見る際一覧性が高い

スマートフォン用アプリが無料

といった点が挙げられそうです。

スマートフォンアプリのダウンロードはこちらから。


Get it on Google Play

次回は、「Instapaper」 を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク