今タブレット買うなら Windows オススメなタブレットをペック比較!「ASUS vivo note 8」と「Lenovo Miix 2 8」と「Acer ICONIA W4」

スポンサーリンク

個人的には「革命」的な Windows タブレット

以前タブレットに関しては「使用目的が明確で無いとすぐ使わなくなるツール」。

ということで、使用用途がはっきりしない限り手を出すまい。

という結論をだしていました・・・。

【過去記事】
【Kindle】Kindle Fire HDXはキャンセル。私がタブレットを購入をやめた理由

使用範囲の間をまかなってくれる Windows タブレット

仕事のやりとりで Windows 環境でのやりとりが増えました。

office 360 とかですね。

なので、Windows が何かと相性が良いと思われるWindows タブレットを買ってみました。

【過去記事】
【Vivo note tab 8】を購入して3ヶ月が経過したところで使用感をレビュー

これは、メインの PC で何を使っているかで感じ方は違うかもしれませんが。

当たり前な事が、当たり前にできることの「隔たりの無さ」はとても当たり前だけど、「革命」なのです。

Android や iOS は「車輪の再開発」?

いま、十分に充実して来ているので一概になんとも言えませんが・・・。

Widows タブレットは「PC で使っていたアプリをそのまま使える」というのが利点です。

FTP ソフトや 解凍ソフト やテキストエディターなど。

過去に使い慣れたソフトの「資産」をそのまま投入できます。

これは、なんだか当たり前のようですが、特に iOS などではそうなっていません・・・。

もちろん、それはそれで良い点もあるんですが。

過去のiOS や Android では通常の PC とは明らかに違うスタイルで操作しなくてはならないアプリが、Widowsタブレットではそのまま使えてしまいます。

これは、非常に便利。

逆に不思議なのは、通常のWidows アプリのインストールをを許さない「Surface2」の仕様が不思議・・・。

【過去記事】
【windows タブレットをおすすめ】個人的に Surface を買わなかった理由

「Windows Store」の充実とか、そちらを使ってほしいなど。

いろいろ Microsoft も考えているとは思うんですけどね。

では、今 Windows タブレットを選ぶなら?

すでに「ASUS vivo note 8」を購入してます&結構ヘビーユースしているので非常に満足しています。

ちょっと遅い感じもしますが、今 Windows タブレットを検討している方へオススメの3品です。

機種は8インチに絞っています。

10インチでも Think Pad Tblet2 や、Vaio Tap 11などよさ気なのはあるんですが・・・。

これら、正直、ノートPC と競合する部分もあり・・・。

Surface Pro 3 などは完全に Air Mac あたりが競合な気がします。

私も含め友人などにも、ノートPC を普段使用している方がこの10インチサイズに手を出しても「使わなくなる」というシーンを多く見てきました・・・。

個人的な分析だと、利用するのに場所を選び始めるのが、10インチだと感じています。

特に横になったりして使うのに、10インチはしんどい・・・。

よって、今回は純粋にタブレット使いがメインとなりそうな8インチサイズに絞りました。

このへんもご参考になればと。

vivo note 8 と Lenovo Miix 2 8 と Acer ICONIA W4スペック比較

※記憶容量は 32GB で統一しています。
※価格は価格.com(2014年 8月31日) の最安値

ASUS vivo note 8 Lenovo Miix 2 8 Acer ICONIA W4
価格 ¥31,768 ¥35,500 ¥25,980
CPU Atom Z3740 1.33GHz 4コア Atom Z3740 1.33GHz 4コア Atom Z3740 1.33GHz 4コア
メモリ 2GB 2GB 2GB
解像度 1280×800 1280×800 1280×800
バッテリー駆動時間 11.8時間 10時間 Wi-Fi 通信時間:10時間
ビデオ再生時間:8時間
サイズ (H)220.9mm
(D)10.95mm
(W)133.8 mm
(H)215.6mm
(D)8.35mm
(W)131.6mm
(W)134.9mm
(H)10.75mm
(D)218.9mm
スロット microSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
microSDカード microSDカード
本体インターフェース micro USB microUSB microUSB
Micro HDMI
背面カメラ 500 万画素 500 万画素 500 万画素
前面カメラ 126 万画素 200万画素 200万画素
重量 380g 350g 415g
Office personal 2013 Office personal 2013 Office personal 2013
ペン デジタイザー式

コストパフォーマンスの Acer ペンのASUS コンパクトなLenovo

と、表から読み取れるのは以上のような特徴です。

スペックに大きな差はありません。

あるとすれば、ASUS vivo note 8 のペン入力機能でしょう。

タブレットで、手書きメモを取りたい!

という方はもう、これ1択。

ちょっと「タブレットを試してみたい」という方には、コストパフォーマンスの良いAcer ICONIA W4。

コンパクトなタブレットならLenovo Miix 2 8 ですが、この程度の差なら「ASUS vivo note 8」をオススメします。

メモ書きがすごく便利なので。

特にマカーにオススメ

個人的にマカーだった過去がある私ですが、「Windows?ダサw」と、思っている人にこそ、「Windows タブレット」をオススメします。

PC と同じ感覚で使えるタブレットは非常に使いやすいです。

今後はPC もスマホも タブレットも 同じアプリという流れ

ちょっと余談ですが、今後のタブレットは「PC とまったく同じ環境が使える」というのが 1 つのポイントになるんじゃないかなと思います。

Google は Chrome OS で Android アプリが利用できることを明言していますし、現に Microsoft はいまのタブレット市場でそれを実現しています。

Apple も iOS と、OSX の融合(使い方やインターフェース)といった点は揃えようとしてますが・・・。

アプリ面はどうなんですかね・・・?

今後、各社によって考え方が違ってきそうですが・・・。

もしかしたら、Apple の栄華が崩れるとしたらこのへんからじゃないかなと思ったり・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク