Androdi の動きがおかしい!緑色の枠が出てきて操作不能に!? 原因は「Talkback」アプリ

スポンサーリンク

な、なんじゃこりゃ!?

ふと、スマートフォンを操作しようと思ったら、あれ?ロック解除ができない!

タッチは認識しているようだけど・・・。

なんじゃ、この緑の枠は?

と、突然 Android が操作できなくなったという話なんですが。

画面に緑色の枠がでてきて、ナニコレ?

症状はこんな感じ。

google-talkback

ロック画面が全く触れない状況。

おかげでロック画面から先に全く進めない状況。

フリップ動作を全く受け付けてくれないので、解除できない・・・。

そして、タップすると画面のように緑の枠が出てくるだけ・・・。

これはどういったこと?

スマホの故障を疑ってしまうくらいどうにもならないこの症状。

再起動しても直りません・・・。

原因は「Google Talkback」が「ON」になってしまったために起きている現象。

この「Google Talkback」自体は目が不自由な方のためのツールです。

デフォルトでインストールされているアプリになります。

必要な方には、重要なアプリだとは思うんですが、通常使いしている人間に取っては、これが、「オン」になると「健常者が通常使う使い方」とはまったく違う操作になってしまう訳です。

その結果、操作できない(と思ってしまう)状況になるわけです。

なので、この状況に陥ったら「Google Talkback」の操作に従いましょう。

そうすることで道が開けます。

Talkback の操作方法

基本的な、タップ、フリップが通常通りの動きをしなくなります。

Talkback がオンになった状態では、「一度タップすると、選択」です。

このとき、反応するのが「緑の枠」です。

これで選択ですね。

このあと、従来通りの「タップ」する為には「ダブルタップ」になります。

これが混乱の元ですね。

通常はタップと言ったら、一回。

しかし、この設定が入ってしまうと、ワンタップで選択。

その後ダブルタップで「実行」となります。

フリップは2本指で

これまた、通常であれば、「一本指」で行われるフリップですが、Google Talkback では「二本指」でフリップします。

ロック解除ができなくなる理由はココです。

1本指では何も起きません。

2本でフリップが必須です。

例えば、「ロック」を解除する為には「鍵マーク」を一回タップ(選択して)、2本指でフリップ。

という流れになります。

talkback-key

こういう風に「緑の枠」を表示させてから、2本指でフリップ。

です。

タップするにしても、フリップするにしても一度「一回タップ(選択)してから」というのがコツになります。

これは通常と操作ルールが違いすぎて、急にこの形式になったら混乱しますわ・・・。

Google Talkback の操作が判れば、復旧は簡単

あとは、この原則を守って操作して行けば、Google Talkback を停止するのは簡単です。

「設定」>「ユーザー補助」「Talkback」とたどって、その機能を OFF にします。

ここでも「選択」からタップ or フリップという操作で乗り切ります。

そうすると、通常のモードに移行できます。

この設定 ON にした記憶はないんだけどな・・・

個人的にこの機能を ON にした覚えは全くないのですが・・・。

いつの間にか ON になっていたようです。

突然この状況になると、かなり焦ります。

ほんと正直、故障かな?

と、思うレベル。

これは、操作に詳しくない方は購入した店舗に持ち込んでたりするんじゃないかなと。

Talkback はアンインストールできない?

基本、普通にはアンインストールはできないようです。

更新したものを「初期」に戻すことはできるみたいです。

使わない方には全く必要ないんですが・・・。

少なくとも、こういう状況になるという事は覚えていた方が良さそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク