【荷物が届かない!?】AmazonでTMGから配送が来ない場合の対応方法

スポンサーリンク

とうとう私のところにもデリバリープロバイダの波が…。

クロネコヤマトが当日配達から撤退して久しいですが…。

現在その穴を埋めるべくためなのか判りませんが。

Amazonの配送には「デリバリープロバイダ」という大手ではない地方の配送業者が組み込まれています。

Amazonのデリバリープロバイダ一覧

TMG

株式会社T.M.G は、物流業界とお客様の様々なニーズを結び、地域全体の活性化に貢献します。費用を軽減し、最短で商品が到着。ダイレクトにお客様へ届けます!

SBS即配サポート

1都3県の企業間小口荷物の即日配送からゴミ・廃棄物の 収集・運搬、中間処理、再資源化まで、 物流で循環型社会の構築に貢献します。 1都3県の企業間小口荷物の即日配送からゴミ・廃棄物の 収集・運搬、中間処理、再資源化まで、 物流で循環型社会の構築に貢献します。

札幌通運

丸和運輸機関

若葉ネットワーク

株式会社若葉ネットワークではドライバーを随時募集中です。その他ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

ファイズ

ギオンデリバリーサービス

食料品、酒類、清涼飲料水及び日用雑貨の宅配サービスの企画・運営を行い、新鮮な商品をお客様のご自宅へ直接お届けいたします。 株式会社ギオンデリバリーサービス Amazon商品のお問合せ Amazon商品の再配達依頼(自動音声受付)TEL.08

ヒップスタイル

と、関東方面の運送会社さんは九州に住む私としてはちょっと存じ上げない企業さんばかりです。

これまで佐川急便や、クロネコヤマトなど大手が配送していた地域もこうした「デリバリープロバイダ」の輸送業者に代わってきているところは増えているようです。

ある日、何気に商品を注文したところ…。なんだか見慣れない発送番号が届きました。まさかと思って確認すると…。

Amazonの発送メールに…。

「お客様の商品はTMG便でお届けいたします。」

衝撃が走りました。

TMGが配送するとのこと。TMGさんはもともと大阪の会社とのことでしたが、福岡にも配送センターがあります。

TMGに関しては「TMG 荷物届かない」とGoogleで検索していただけると検索結果だけでなんとなく状況は察していただけると思います。

噂には聞いてましたが、ついに私のところにも来たかと。

配達に来てないのに「不在のため持ち帰りました」扱い

こちらもネットの情報でなんとなく知っていましたが、このTMGに関しては様々なトラブルが報告されていますが、その中でも多いのがこの「配達していないのに持ち帰り」というもの。

これが私の注文舌商品の配送履歴です。

すべての時間が「00:00」なのも怪しげですが。

もちろん、配達に来ていないので、不在票もありません。

これでは再配達依頼もできない…!

一応、私はPrime会員で、今回の配送は「お急ぎ便」で購入しました。

ただ、ちょっと今回の注文には最初から疑問な点はありました。確かにお急ぎ便だったのですが、注文が5月6日夜だったにもかかわらず、お届けの予定日が7日だったのです。

一応、配達地域は登録していますが、私の住んでいる地域でAmazonさんがいくら「翌日お届け」といっても、翌日に届いたことはほとんどありません。

まして、前日の夜なのに。

だいたい商品発送後ぐらいで「5月8日お届け」になっているのですが…。

過去の経験からおそらく、これは翌日は無理かなと思っていました。しかし、なぜか5月7日に届けると言ったまま、ステータスは配達中へ…。

本当に届くのAmazonさん?

5月7日に配達中のステータスまでトントンと進んでいったので、正直「え?届くの?」と疑いつつも、早く届けてくれるならそれに越したことはありません。

商品到着を待っていたのですが…。しかし、待てど暮らせど、いつまで立っても商品は来ません。

そして夜の20時30分を回ってもまだ配達中。まさか夜に届けるってこと?と、やや不安になってきたので配送会社のTMGへ電話…。しかし、全くつながりません。

フリーダイヤルの番号がつながらないというのは、ネットの情報通りです。おそらく回線数も少ないし、電話を取る担当者も少ないんでしょう。私はずっと話し中でした。とにかく電話は繋がりません。

そうこうしていると…。

突然配送ステータスが、「ご不在のため、持ち帰りました。再配達をお申込みください 」に。

いやいやいやいや。誰も来てないし。

不在票を確認しにポストを見ましたが、もちろん不在票はありません。どうやって再配達を依頼すればよいんだよと。

どういうこと!?と、TMGに改めて電話しようとしましたが、すでに時間は21時を過ぎフリーダイヤルの番号は21:00までとなっています。

24時間対応の電話もありますが、こちらは再配達用の回線です。再配達の番号がわからないので、同しようもない。

さすがにこれは困ったので、Amazonへ連絡。

すると、Amazonさんは「我々の方からも再配達するように伝えます」とのことでした。

一応、TMGのサイトにはメールによるお問い合わせも可能ですが、こちら問い合わせしても自動返信はありません。お問い合わせに対する返信もありません…。

フォームの完了画面にアドセンスを表示していますが、流石にコーポレートサイトのお問い合わせページにアドセンスを表示するって…。

表示崩れてるし…。

ちょっと企業としてのセンスを疑ってしまいます。

せっかくAmazonに電話したので、この手のトラブルは多いみたいですが、なぜ?と、聞いたところどうやらTMGのシステムはこのAmazonの配送ステータスの表示にまだ対応していないようです(ハッキリそうは言いませんでしたが)。

クロネコヤマトであれば、おそらくですが、私の今回の注文商品をAmazonから受け取ったタイミングで日付を現実的な日付に調整できたと思われます。

これは、過去の経験からの推測ですが。そうした対応ができたからこそ、私の注文はAmazonが「翌日」といっていても、配送途中で変更されていたと思われます。

しかし、TMGのシステムはこれに対応しておらず限定的な対応しかできない。

そのため、Amazonから配送を受け取ると商品は否応なくお届け予定日に合わせて「配達中」になると思われます。

そして、その日のうちに対応できなければ、「不在→再配達」というステータスになるのかと。

これはトラブルになるわと。それをわかっていながら運用しているAmazonもTMGもどうかとは思いますが…。

TMGの荷物が予定通りに届かない場合は、Amazonさんへ

これが一番ベストと言うか、現状これしか対応策はありません。TMGとはほぼ連絡がつかないです。送ったメールは無視されますし。

Amazonさんの連絡先はこちらです。

Amazonさんがちゃんと連絡してくれたのか、それともサイトからの問い合わせを見たのかどうか判りませんが、TMGの荷物追跡サービスでは再配達の依頼がされていました。

翌日配送に来たドライバーも特に悪びれた様子もなく。ドライバーにも問い合わせが入っているといった情報は共有されていていないようです。

平然と荷物を持ってきます。

TMGさんは委託のドライバーさんが多いらしい?ので、そうした情報共有も行われていないのかもしれません。

これまでの配送業者さん達がいかにしっかりしていたかと思い知らされます。

というか、これが配送業の現実なのかもしれません…。

ネット上ではこれ以上にヒドイ対応を受けた方もいるようですが…。

担当者によっても違いが大きいようです。

ネット上では様々な状況が報告されていますが…

TMGで配送されたときは、あまり配送ステータスを鵜呑みにせず、ちょっと待ってみても良いかも。と、今回のやり取りで感じました。

もちろん、ステータスを見せている以上、Amazonの対応もどうかとは思うのですが…。

運送業界がいかにギリギリのところで維持されているのかというのを実感しましたし…。

とはいえ、ヨドバシでの購入が増えそうな予感も…。

アマゾンのすごいルール
  • 佐藤 将之
  • 価格   ¥ 1,944
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク