Amazon アプリ内課金も無料で使える新サービスをぶちあげる。早速アプリをインストールしてみた

スポンサーリンク

Amazon のアプリ無料サービスが新機軸へ

これまで Amazon は Google play とは別軸で独自の Android アプリを配信していました。

最初は Google play のアプリと数において差が大きく、あまり魅力的なサービスとはお世辞にも言えなかったんですが。

最近は数も増えてきて、だいぶ Google play とも遜色ない感じになってきていました。

魅力的なのは、無料アプリ

Amazon のサービスで魅力的だったのは、1日1つの有料アプリが「無料」になる無料アプリサービス。

必ずしも自分の使いたいアプリが無料になる訳じゃないですが、時々「あ、これ使ってみよう!」みたいなアプリにであえるので結構、利用していました。

しかし、「基本無料プレイできるけどアプリ内で課金されるアプリは無料にならない」。

という、課金型アプリとの相性の悪さがあったのも事実。

アプリ内課金も「無料」にする underground 開始

米国 Amazon.com はこうした「課金型アプリ」も無料でプレイできるサービスを開始しました。

その名も「Underground」。

amazo-underground

現在日本でのサービス展開はまだ?

なんでしょうか?

ただ、一応アプリを落とす事は可能です。

【Amazon Underground】

こちらに「スマホ」でアクセスします。

アクセスすると、サービスサイトが開きます。

amazon-underground

Amaozn からの挨拶が表示されます。

内容としては、アプリ内課金を無料にする話が書かれています。

こちら、右上の × で非表示に。

amazon-underground-apk

ダウンロードリンクから、ファイルをダウンロード。

このとき注意しないと行けないのは、Android 端末側で「提供元不明なアプリのインストールの許可」をしておかないと、インストールできません。

「設定」>「セキュリティ」

で確認できます。

amazon-underground-apk-download

警告がでますが、無視してダウンロード。

ダウンロードが完了したら、Amazon underground の画面の「go to setting」からダウンロードファイルを確認出来ます。

ダウンロードした「Amazon_Apk.app」アプリが並んでいるので、タップ。

もしくは、通知画面のダウンロード完了のお知らせをタップ。

インストールが開始されます。

やっぱり日本はまだ?

アプリをインストールして起動したんですが。

install-app

ん?

amazon-underground-up

あれ、いつもの Amaozn アプリと一緒?

という感じです。

ただ、Android アプリの扱いが若干違う状況に。

Amazon Underground 側のアプリコーナー

amazon-underground-app

通常のAmazon アプリのコーナー

amazon-underground-app2

あれ?

こんな簡素な作りでしたっけ?

また、Amaozn Underground 側の方が以前と同じデザインで見る事が出来ます。

さらに、「本日の無料アプリが消えている・・・」。

また、無料になると思われる OfficeSuite Professional 8 は日本だと普通に有料のまま。

本日の無料アプリを閉じられて、代替サービスは閉じられたまま・・・。

日本でも、早々にサービス適用してくれるんですよね・・・。

なんか、PC サイト側で Amazon アプリを検索したら、ロゴが変わってる?

amazon-underground-japan

すぐに日本でも始まりますかね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク