【誰も知らない県民手帳の世界】第5回佐賀県の県民手帳

スポンサーリンク

このサイズを売っているのは多分佐賀県だけ

九州の県民手帳のサイズはそれぞれなんですが、佐賀県の県民手帳のサイズにはダントツに小さい10.8cm×7.5cmがあります。

これは小さい。

完全に手のりサイズです。

saga-kenmintechou

また、地味に九州唯一の仕様として、「えんぴつ」がついています。

saga-kenmintechou-pencil

使えるか使えないかは別として、オリジナリティあふれる仕様です。

ただ、他県がミドルサイズに「500円」の価格設定をしているのと比較して、ミニマムサイズで500円はちょっと高い?かもしれません。

さが県民手帳2014年版を販売しています
-www.pref.saga.lg.jp

表紙の手触り

残念ながら、九州他県と比較して、イマイチ良いとは言えません・・・。

ビニール感丸出しかつ、ペラペラです。

うーん、ちょっとチープ感が出ちゃってます・・・。

手帳の中身

こちらはシンプルな構成です。

内容だけで見る感じだと、ビジネスユースも十分かと。

ただ、小さいサイズはビジネスにはおすすめできないかも・・・。

ちょと小さいです。当たり前ですが・・・。

saga-kenmintechou-naka

過去の天気はなんと、10年にわたって掲載。これもたけんと比較してダントツに多いですね・・・。

まあ、ここから行われる天気予報が、当たるかどうかは謎ですが。

佐賀県の「へえ」

佐賀県というと、吉野ケ里遺跡に陶器なイメージなんでしょうか・・・?

実際、どんなことが自慢なのか見てみると。

saga-topdata

県立高校におけるインターネット接続率(30Mbps以上)

が、全国一位です。

さすがに全県立高等学校にタブレットを導入しようとしているのは伊達じゃない。

意外にも、「IT 大国佐賀」です。

ということでしょうか。

30Mbpsというのは下りとしては今どきちょっと遅い気がしますが、流石です。

あと、意外なところでいうと

薬局の数(人口10万人あたり)全国一位です。

理由は全く謎ですが、薬局多し。であると・・・。

総合評価は?

細かな仕様が「尖っている」ものの、使いやすさにはつながらず。

他県にはない仕様を見た目からは想像できないくらい盛り込んで入るんですが、なぜか使いやすさにつながっていません・・・。

その点は非常に残念です。

また、値段が他県のサイズと比較してもちょっと高い割にチープ感が強いという点が厳しい・・・。

どこか、「県民手帳としての真面目さ」を「尖った仕様」が突き破れていない気がします。

深読みし過ぎかもしれませんが・・・。

ITと同じように来年は手帳も時代をさきどって欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク