画用紙(厚紙)をプリンターで印刷する方法

スポンサーリンク

最近のプリンターって「前方給紙」が多いですよね。

個人的にプリンターというと、

こういう「紙を上から給紙する」タイプが思い浮かぶんですが。

最近のプリンターって、上から給紙するタイプではないのが増えています。

例えば、こういったタイプですね。

複合機タイプになっていて、上は「スキャナー」になっていたりします。

紙を入れる際は、前方から紙を入れて給紙します。

昔のプリンターは画用紙でも何とかなった

昔の「上から給紙する」プリンターって、推奨はされてなかったとは思うんですが、ある程度厚みのある紙でも印刷出来ました。

あんまり無茶すると、紙づまりを起こすので無茶はできないんですけど。

ただ、最近のプリンターは「印刷用紙」もしくは、「はがき」じゃないと、すぐさまエラーが起きます。

紙を前方からローラー?のようなもので巻き上げているんでしょうか?

下側から紙を給紙したら、上から出てきます。

この時、用紙が「はがきより厚い」と、給紙できません。

そこをまったく考慮せず、昔の感覚で画用紙を買ってしまった

ちょっと、画用紙に印刷したいことがあって自宅のプリンターでも印刷できるだろうとタカをくくっていたのですが。

ちなみに自宅の印刷機は、EPSON 802A です。

こちらに画用紙を設定したところ、まったく給紙できずエラー。

何度か挑戦した結果、どうも奥のほうで紙を巻き上げる際に紙が厚いせいか、巻き上げきれないのが原因のようです。

そこでひらめいたのが、以下の方法。

プリンターで画用紙を印刷する際には、「用紙サイズ」を変えてしまう

上手く紙を巻き上げられないのなら、巻き上げやすくなるように「押し込んで」あげたらよいの訳です。

家庭用で、前方給紙ができるタイプは一般的に A4 が最も大きな「印刷サイズ」です。

よって、画用紙も A4 を利用しています。

この A4 の画用紙をそのまま A4 サイズでセットしてしまうとエラーになりますが、「LTR(Letter size)」に合わせてしまいます。

ltr

こうすると、用紙が通常より「奥」に押し込まれます。

すると、画用紙でもちゃんと巻き上げてくれます。

もちろん、注意点もあり

こちら、大量に印刷する場合は、一度に多くの紙をセットできません。

紙づまりを起こします。

また、起こさなかったとしても、画用紙を2,3枚いっぺんに巻き込むことがあります。

縁ギリギリの印刷の場合、複数巻き込むと端が微妙にずれる可能性が高いです。

できる限り少ない枚数で実施した方が良いと思います。

私の経験上は、4,5枚程度が良い気がします。

最後に一番重要な事は、こちらで紹介したことはあくまで対処療法であって、メーカー非推奨の行為です。

この操作でプリンターが壊れる可能性もあることをご理解の上、実施とその結果については自己責任でお願いいたします。

補足情報

私の場合は、今回は上記の方法で上手く行ったんですが、調べてみるとインクジェット用の厚手の紙。というのがあります。

普通の用紙から比べると、ちょっとお高いですがプリンタを壊す可能性を考えたらこういった紙を使われた方がよいでしょう。

ちょっと安いタイプもありますが、こちら「あわせ買い対象商品」。

あわせ買い対象商品は、2,500円以上の購入から購入できる商品です。

何かのついでに買っておくと便利かも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク