気になるチーム「町田ゼルビア」を初観戦。アビスパは上昇ムードに水を差さなければよいですが・・・。

スポンサーリンク

残念ながら、天皇杯3回戦敗退

以前からいろいろと注目している「町田ゼルビア」。

サイトでの情報発信も活発だし、イベントも随時行っていたり。

LINE スタンプを配信していたり、食堂を運営し始めたり。

Jリーグ J3 町田ゼルビアが定食屋をオープン
プロモーション上手?J3 町田ゼルビア 以前から、実は気になっていたチーム。 町田ゼルビア。 なぜ気になっていたかというと...

と、クラブ運営という面からも注目しているクラブです。

今期は、アビスパから森村が移籍。

きっとどこかで対戦することがあるかも。

なんて思っていたら、天皇杯で対する事になるとは・・・。

と言うことで、何かと気になる町田ゼルビアってどんなチームなのか?

確認するためにレベルファイブスタジアムに行ってきました。

avispa-zelvia

町田ゼルビアの印象

おそらく、ベストメンバーでは無かったはず。

普段の試合を観ていないので、なんともなのですが。

GK 内藤 圭佑
DF 土岐田 洸平
DF ペ・デウォン
DF 平 智広 (Cap.)
DF 加倉井 拓弥
MF 遠藤 敬佑
MF 垣根 拓也
MF 松下 純土
MF 宮崎 泰右
FW 中村 祐也
FW 久木野 聡

と言ったメンバー。

普段だと、GK は高原。

FW には 鈴木孝司。

森村も先発メンバーですよね。

それから、普段なら重松といったところがスターティングメンバーに入ります。

更に DF ラインも普段と全然違いますよね?

間違ってたらごめんなさい・・・。

アビスパは前節、10月10日に試合をやってますが、町田ゼルビアは10月11日に試合をやってます。

試合間隔も短ければ、移動もなかった事を考えると町田の方が条件としてはかなり厳しいですよね。

正直ベストメンバーでないといっても、完敗でしょう・・・。

アビスパはベストメンバーじゃないから!

なんて言い訳は通用しないです・・・。

町田ゼルビアの印象

身体的に大きな選手はいないんですが、非常にアグレッシブに動くなー。

という印象。

サイドもハードワークしますし、FW も何度もフリーランして裏を狙ってきます。

J3 でも 2位に付けているのですが、良いチームという印象を受けました。

個人的にこの日のベストプレイヤーを選ぶなら、

MF 8 遠藤 敬佑 選手。

遠藤 敬佑

サイドで非常にハードワークしてました。

プレースキックを蹴ったり、ゴール前でも積極的に顔出してましたしね。

小柄ではありましたけど、良い動きしているように見えました。

普段はあんまり、J3 の試合出てないみたいですが・・・。

この日は非常に動きがよく見えました。

一方アビスパ福岡は・・・。

スターティングメンバーを見ただけで、ジェフ戦のメンバーをキレイに外してきたな。

というメンバー。

GK 神山 竜一
CB 濱田 水輝
CB イ・グァンソン
CB 冨安 健洋
RWB 阿部 巧
LWB 三島 勇太
MF モイゼス
MF 中原 秀人
LMF 坂田 大輔
RMF 平井 将生
CF 中原 貴之

3 – 5 – 2

です。

アビスパの 3バック時のフォーメーションですね。

ただ、試合開始からまったくかみ合わない感全開。

中原貴にボールを当てるというのは意思統一としてあったようですが。

中原貴が競り合い勝てないですし、当てても全然セカンドボール拾えない。

マイボールになってもパスは繋がらない。

試合開始から、これはダメだ感が充満していました。

特にひどいと感じたのは、サイドが全く勝てない。

失点は、後半のセットプレーからですが、前半サイドを何度も突破されてました。

三島、阿部が完全にサイドの攻防で勝てないんです。

トラップはミスするわ、ボール預けてもロストするわ、パスも繋がらないわと良いことナシ。

三島、阿部だけでなくサイドをフォローする選手がほとんどいないというのも問題。

坂田、平井はサイドに入ると、すぐ裏狙いに行く。

モイゼス、中原秀は全然近くにフォローにこない。

どういった戦略だったかは謎ですが、ボールが回る要素がなかったです。

モイゼスが使われない理由が判った気が・・・

東海大熊本との天皇杯で初出場したモイゼス。

学生相手ということもあってか、その時は非常に存在感あったんですが。

この日もボール際での強さは「さすが」。

と感じる事はあったんですが、それ以外は全く。

孤立しているというか、何だか一人でサッカーしている感じでした。

モイゼスがボール奪取しても全然良い展開に持ち込めないんですよね。

あと、セカンドボールへの興味がないのか・・・。

中原が競った後に全然、モイゼスも中原秀も絡めませんでしたね。

何だかみんな立って待っている印象でした。

前半終了直後に三島だったと思うんですが、身振り手振りでモイゼスに何か説明していました。

いまいちチーム戦術にフィットしてないんですかね?

ただ、このパフォーマンスだと試合出れないよなと感じてしまう出来でした。

全員が低調なパフォーマンスに終始したアビスパ福岡

とはいえ、アビスパの選手のパフォーマンスが全体的に低かったでした。

自動昇格争いが重要!スケジュールを過密化する天皇杯は捨てた!

と言わんばかりの雰囲気。

モチベーションが低い?

とはいえ、三島、阿部、平井といった試合に出れていない選手がこのパフォーマンスだと今後相当やばいよ?

と感じました。

レギュラー奪取をかんがえるなら、数少ないアピールの場だったと思うんですけどね。

久しぶりの登場、濱田

ケガで長らく戦線離脱していた濱田が復帰しました。

スカパーの放送では濱田のへのインタビューで夏の終わり頃には復帰したいみたいなことを聞いた気がするのですが。

だいぶ肌寒くなったこの時期にようやく復活。

とりあえず、元気そうで良かったです。

ぶつかってきた相手を吹き飛ばすシーンもあり、フィジカル的には大丈夫そう。

ただ、最終ラインのパス回しではミスもあったりで、高いパフォーマンスを出せていたかというと、疑問。

見ていた感じ、「もう田村でよくね?」と思わされてしまいました。

第2種登録の富安くんも初出場

この日は 3 バックの一角として登場した富安くん。

ただ、ちょっと前半は遠慮していた感じ。

常に誰かがポジショニングを指示している感じで、探り探りやってますという雰囲気。

後半は、だいぶ慣れたのかドリブルで切り込んで行くシーンもありました。

非常に恵まれた体格があるので、ドリブルにも迫力ありました。

とはいえ、まだ17歳。

まだこれからでしょう。

富安くんとしても、良い経験になったんじゃないでしょうか。

欲を言えば、ケガをしてから J2 での出場機会がなくなっている邦本。

久しぶりにベンチ入りしていたので、出て欲しかったですけどねー。

若い世代を見たかったなと。

アビスパは高負荷トレーニングでもやったの?

一応、スケジュールを見ると前節リーグ戦のジェフ戦からずっと練習が組まれていたアビスパ。

その中で高負荷トレーニングでもしたのかなと。

リーグ戦のある週末にコンディションを最高にするために、天皇杯では最低のコンディションで構わない。

と、割切ってしまったようにアビスパの動き悪かったですね。

全然動けてなかったです。

反省するとしたら、コーナーキックからの2失点

どちらもど、フリー。

マーク付けてなかったですよ。

1 失点目は、上がってきた DF にフリーでヘディングシュート。

2 失点目は、大外に待っていた FW にボールがこぼれて、フリーでシュート。

ボールはポストに当たったんですが、ゴールへ吸い込まれました。

この辺の守備はどういった確認がされていたのでしょうか。

もう低パフォーマンスだったことも、敗戦もどうでもよいです。この際。

間違いなく、リーグ戦の方が今は大事です。

ただ、セットプレーの失点だけはいただけない。

これだけはしっかり反省して欲しいです。

レギュラーメンバーじゃないとは言え、チームが上位昇格争いしているときに、失点の仕方が悪すぎました。

敗戦どうこうより、マークをしていない。そんなつまらないミスを起こしてものうのうとしていられる雰囲気だけは作らないで欲しい。

そればかりを祈るだけです。

失敗はしてもよいと思うんですよ。

でも、絶対次への対策を立てる。

メンバーが違うからといって、切り捨てない。

きっと井原監督はそこをやってくれているはず。

敗戦から学ぶことは多いはずです。

何より、これをリーグ戦の糧にせずしてどうする!

なんて言ってたら、失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)を思い出しました。


失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

会社経営の話として有用なんて取り上げられますが、戦略の重要性などを再認識させられる良書です。

個人的にはサッカー観戦にも役立ってると思っています(思い込んでいる?)。

一般的にサッカー観戦に活きるか判りませんが、オススメなんでぜひどうそ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク