映画「42〜世界を変えた男から」メジャーリーグには背番号42がいません

スポンサーリンク

先日最後の背番号42が引退しました

ヤンキースのリベラ選手が引退した際にクローズアップされたのでご存知の方も多いかと思いますが、今メジャーリーグには背番号42がいません。

理由は、今度映画「42〜世界を変えた男〜」でも描かれる黒人初のメジャーリーグのジャッキー・ロビンソンに敬意を表し、97年にすべてのメジャーリーグ球団で永久欠番になりました。

なんだか、サブタイトルの「〜世界を変えた男〜」というのが、無粋な気が・・・。

日本では野球ファンの方以外にはあまり知られていない存在なので、わかりやすくしたのかもしれません。

当時背番号42をつけていた選手には引き続き利用OKということで、その特例の最後がヤンキースのリベラ選手というわけです。

今では、シーズン中にジャッキー・ロビンソンの功績を讃え、4月15日に全員が背番号42でプレーする日もあります。

日本では関係ないので、42は永久欠番になっていません。

なので、このジャッキーロビンソンにあやかりたいということで、外国人選手が42を好んでつける傾向にあります。

近年では、DeNAのブランコ選手が背番号42ですね。

全球団で42が永久欠番かつ、年に1度「全員が42をつけてプレー」して敬意を表するジャッキー・ロビンソンという選手がどんな選手だったのか、興味のある方はぜひ映画で。

11月1日公開ですよ。

映画「42〜世界を変えた男〜」公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク