今更でも全然大丈夫!初心者向け Ingress の遊び方 3週間で Level 8 になった軌跡-アタック編-

スポンサーリンク

Level 5 を越えてきたら徐々に相手のポータルを破壊できるようになります。

このレベルになってくると、徐々に「攻撃可能なポータル」が増えてきます。

攻撃するためには、「Xmp burster」が必要となります。

xmpburster

Ingress では レベルによって使えるアイテムに制限があります。

ゲームを始めて最初のうちはレベルが低いので、レベルの高いアイテムはそもそも手に入りません。

そのため、攻撃できるポータルの対象が限られます。

しかし、街にあるポータルはレベルが 5 以上のものが多いです。

そのため少なくとも、自分自身もレベル 5 にならないと効率の良い攻撃は望めません。
※Level 4 であれば攻撃できないこともないです。ちょっと大変ですが・・・。

それまでは、ポータルを「Hack」したり、「Link」することで経験値を上げていきます。

【Ingress でレベルの低いうちの戦略】
今更でも全然大丈夫!初心者向け Ingress の遊び方 3週間で Level 8 になった軌跡-Link編-

ようやく、Level 5 になったら、徐々に「攻め」に転じるタイミングです。

また、これまでと同じやり方ではなかなかレベルも上がり難くなってきます。

それを打破するためにも攻撃は重要になってきます。

都市部に Level 5 以上のポータルが多いのはなぜ?

地域によって差はあるとは思いますので、個人的にプレーした感じで言うと・・・。

私がよく行く福岡天神界隈は少なくとも Level 5 以上のポータルが多いです。

これは、Level 8 以上のユーザーが単独で作れるポータルのレベルが 5 だからだと思います。

そこへ様々なユーザーが「レゾネーター」を設置することでポータルのレベルが上がっていきます。

つまり、かなりの数の「レベル 8 以上」のユーザーがいて、その方々が日夜激しく攻防しているわけです。

逆に言うと、ヘビーユーザーが大量に・・・

天神付近は多くのユーザーがいます。

おそらく、名古屋、大阪、東京といった福岡よりも大都市はもっとユーザーがいることでしょう。

ただ、しばらく Ingress の状況をみていると、非常にながくやり続けているヘビーユーザーが多く、ライトユーザーは早々に消えてしまう。

という傾向を感じます。

もちろん、レベルが低いから楽しめない。

ということではないですが、「熱心さ」という点では「この人いつ働いてんだろうなー」と思うヘビーユーザーをたくさんみかけます(笑

多分、学生さんとかのほうがプレーしやすいゲームではありますよね。

あとは、時間に自由が聞く人向けです。

そういった意味では、典型的なネットゲームと分類されるかもしれません。

攻撃によるレベルアップのコツは「大量破壊」

Ingress にてレベルアップする手段としては、ポータルを「Link」して「三角形に陣地」を形成する方法が上げられます。

ちなみにこの「三角形の陣地」のことを「コントロールフィールド」といいます。

レベルが上がってきて「攻撃」ができるようになってくると、「ポータル密集地での絨毯爆撃」がレベルアップには効果的になってきます。

例えば、こういったところは狙い目です。

portal-erea

こういった「ポータル密集地」は公園とかに多いですね。

密集地で攻撃すると、AP(経験値)を大量ゲット

その理屈は以下の通りです。

レゾネーターを破壊 75 AP
リンクを破壊 187 AP
コントロールフィールドを破壊 750 AP

以上の条件で経験値がもらえます。

一見コントロールフィールを作ったほう(1250 AP)が AP を沢山もらえるんですが。

基本「コントロールフィールドの破壊」にはミニマムでリンク 2 本の消失と、レゾネーター 1 本の破壊 が伴います。

よって、コントロールフィールドを 破壊すると 750 + 187 + 187 + 75 = 1199 AP となります。

それでもまだコントロールフィールドを作ったほうが AP はもらえますが、「密集地」ではこれが多段的に起きます。

上手く行けば、5000 AP くらい簡単に集まります。

これは狙い目です。

回復アイテムは必須

おそらくレベルが低いうちはそんなに使わなかったと思われる「回復系アイテム」。

歩けばある程度のことは回復しますからね。

しかし、大量のポータル密集地を攻撃し始めると回復アイテムは「必須アイテム」となってきます。

powercube

1つのポータルの反撃はさほど大したことはありません。

しかし、大量のポータルからタコ殴りにあうと、面白いようにダメージを受けます。

あっという間に「行動不能」に陥ります。

そうした時に「回復アイテム」は活躍してくれます。

レベルが高い密集地の利用価値は壊すだけにあらず

密集地帯と言っても、非常に「硬い」ポータルの集まりであることも多々あります。

それらを攻撃するためには、自分自身がLevel 8 以上であることと、「大量のXmp burster」が必要になってきます。

レベルが上がってくると悩むことになるのが、この「Xmp burster 不足」です。

そう簡単に、レベル 8 のポータルが自分の行動範囲内にあるわけじゃないですしね・・・。

武器の補給はレベルが上がってくるほど難しくなってきます。

Xmp buster を補給する方法は?

一番良いのは、レベルの高いポータルが集まっているところを見つけることです。

できれば、自陣のポータルが良いです。

もちろん、自分でそうしたポータルを構築することもできますが、個人だけでは難しい面もあります。

協力者がいれば、そうしたポータルを構築することを検討しても良いかもしれません。

とはいえ、個人で楽しんでいる方はこういったことは、難しいですね。

これは個人的な経験ですが、比較的工業系学部のある大学とかそういう系の学校の付近にはレベルの高いポータルがある気がします。

まあ、普段の生活圏にそういった施設やランドマークがあれば良いですが・・・。

個人の場合はどうするのか

個人の場合は、他力に頼るしかありません。

それは、敵陣のポータルであっても利用してしまいます。

自陣ポータルの方がアイテムが出やすいんですが。

とはいえ、個人はそうも言ってられないので敵のポータルだからといって、ヤタラメッタラ攻撃して破壊するというのはオススメしません。

案外自分も滅ぼすかもしれない戦略だったりします。

敵が安定してポータルの密集地を形成しているのなら、「補給基地」として活用するというのも手です。

もちろん、そこを「奪って」こその Ingress だったりしますが。

とはいえ、背に腹は代えられません。

敵陣地といえど、そこを起点にすることで別のエリアを攻めることができたりします。

レベルが上がってくるほど戦略性が必要になってくるのが、Ingress の特徴と言えるかもしれません。

Lv8 の先にあるもの

こうして、LV8 を迎えると、また新しい世界が開けます。

しかし、そこから先がある意味 Ingress の本番とも言えます。

Lv8 になったときに陥ってしまう落とし穴を次回は紹介したと思います。

Ingress をやめる理由。そこから考えるなるべく長く楽しむための心構え
全3回にわたって、Ingress のコツを紹介してきましたが 【第1回】 【第2回】 【第3回】 一応、...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク