マイクロソフトがNokiaを買収

スポンサーリンク

モトローラに続いて、Nokiaも

WindowsがNokiaのデバイスとサービス部門買収です。

Nokiaと言えば、個人的な思い出はNokia 702nk2です。

SymbianOSかつ、Pythonアプリを搭載し、まだまだ今ほど一般的でなかったMacと情報をシンク出来る数少ない「尖った」携帯機種でした。
とはいっても、だいぶゴニョゴニョしないとシンクできませんでしたが。

この頃鹿児島に住んでいたんですが、鹿児島ではこの手の機種が全然安くなくて、わざわざ北海道で0円で契約できるところを見つけて契約しました。

おかげで「天気予報が北海道」のままでした。

そんなNokiaがついにWindowへ。
Symbianを諦め、Windowsと手を結んだあたりから、こういうことがあってもおかしくはなかったわけですが、Nokiaファンとしては寂しいですねー。

当時、Appleが携帯電話出せばいいのに!というのはよく言われていましたが、さすがにNokiaがWindowsに買収されるよという話は誰も信じなかったはず。

Nokiaは携帯電話事業だけを売却し、インフラサービスや地図サービスの提供などは続けていくとのこと。

Windowsフォンは欧州を中心にシェアを拡大しているとのことなので、これを機に日本でも商品展開が広がると面白そうですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク