なんとなく判ったで終わらせない!ジャイアンツvsカープ戦のインフィールドフライをもう一度ちゃんと考えてみる

スポンサーリンク

そもそもインフィールドフライってなんだ?

プロ野球を見ていたり、実際球場で観戦していると時々目にすることがある「インフィールドフライ」。

実際よーく見ていると、時々審判が「宣言」しているので実は珍しくないプレーだったりもします。

なので、インフィールドフライ自体は「レア」なケースではないと思います。

今回レアなケースなのは、インフィールドフライの解釈が「サヨナラゲーム」というすぐに決勝点となる得点に絡んでしまったことです。

あとは、このインフィールドフライというルールの特殊性に起因する認識のズレが不思議な状況をつくたのではないかと思われます。

インフィールドフライは、野球経験者であれば普通に知っているルールです。

また、最近の野球ゲームでも普通に目にしますよね。

実況パワフルプロ野球とか・・・。

ただ、思った以上に複雑さをもったルールということです。

では、そのインフィールドフライって何かというと。

wikipedia を参照してみます。

「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」のときに打者が打ち上げたフェアの飛球であって、審判員が「内野手(内野に位置する野手)が普通の守備行為を行えば捕球できる」と判断したものを、インフィールドフライという。インフィールドフライと判断した審判員は上空を指差し「インフィールドフライ」とコールを行い、続いてアウトのジェスチャーとともに「バッターアウト」とコールする。また、一人の審判員がこのインフィールドフライのコールを行った場合は、他の審判員も同様のジェスチャーとコールを行い(コールを省略しているリーグもある)、野手に対してこのプレイがインフィールドフライであることを知らせる。この宣告の時点で打者はアウトとなり、塁上の走者はフォースの状態から解除され、進塁義務がなくなる。インフィールドフライは、打者がバットを振って打ち上げた飛球に対して適用する規則であり、ライナー及びバントによる飛球に対しては適用されない。

となっています。

このルールがある目的から説明しますと、「落球することで有利なる」という野球としては特殊な状況を防ぐためのルールです。

落球すると「有利になる」とはどういうことか。

ここを理解するためにまずは、基本的な野球ルールをおさらいです。

塁が埋まっているとい、走者はゴロだと進塁する必要がある

ここから野球の根本的なルールからの説明になります。

これはご存知の方も多いと思います。

多少省略しています。「それは違う」というのがあればご指摘いただければありがたいです。

ここでは、無死ランナー1,2塁の状況を想定しながら説明したいと思います。

※ランナーが1塁や、1,2塁。もしくは、満塁の時だけの話です。3塁にだけランナーがいたり、2塁だけにいるといった、若い数字の塁が空いている場合は「タッチプレー」が必要になるので状況がかわってきます。また、ランナーも押し出されることがないので、ゴロでも「走らない」という選択肢も出てきます。今回この点の詳しい説明は省略しております。

runner-12-noout

無死、もしくは一死、ランナー 1、2 塁 でバッターが「ゴロ」を打ってしまった場合。

goro

ランナーは次の塁へ進塁する必要があります。

なぜなら、1 塁には「バッターランナー」が進んできます。

そのため、1 塁ランナーは2塁に進塁することになります。

2 塁ランナーは 3 塁へ。

こうして、塁が埋まっている状態ではそれぞれランナーは進塁する必要があります。

この時、守備側はランナーがそれぞれ次の塁に到着する間にボールを持った選手が「ベース」を踏むと、アウトです。

こうしたベースを踏むだけでアウトになるプレーを「フォースプレイ」と言います。

これを連続して行った時によく言われるのが「ダブルプレー」です。

下の動画が、アクロバティックですがダブルプレーの典型的な例です。

一回のプレーで 2 つアウトが取れるプレーです。

滅多にありませんが、ノーアウトランナー 1,2 塁または満塁から、内野ゴロを取って3塁、2塁、1塁と送球が間に合えば一気に 3 アウトがとれてしまいます。

この場合は「トリプルプレー」です。

例えばこうなります。

これらはあくまで打者の打球が「ゴロ」だった場合でのプレーです。

また、何度も言うようにランナーで塁が「埋まっている」時だけです。ランナー2,3塁とか、ランナー2塁といった、ランナーがいる塁よりも、若い塁が空いているときは「走らない」という選択肢もあります。

フライの場合はランナーは「走れない」

これがフライだった場合、ランナーは走れません。

正確に言うと、走れないというか、フライの場合は「完全に(ノーバウンドで)捕球したと確認されて」からスタートすることができます。

fly

※ボールがワンバンドした場合は、その限りじゃありません。あらかじめ走っていてもOK。

ただ、ボールが落ちると思って走っていたけど、ノーバウンドでキャッチされたらランナーは元いた塁に「戻る」必要が出てきます。

なぜなら「フライをノーバウンドで補球された場合、捕球が確認されてからしかスタートできない」状況になるからです。

実際、ボールが落ちると思って、ランナーが走ったけどフライを取られてしまった事例です。

捕球以前にスタートしていた場合、ランナーがいた塁を踏めば「アウト」になります。

上の動画では2塁、1塁とボールが渡って「フライアウト」+「2塁ランナーアウト」+「1塁ランナーアウト」でトリプルプレーです。

ボールが外野を抜けると思って先走ってしまうと、こんな事態になってしまいます。

もちろん、ランナーは戻るときは、1塁をスタートして→2塁→3塁まで進んだのなら、戻るときには3塁→2塁→1塁と順番で戻る必要があります。

この状況は「フライ(ライナー)はノーバウンドで捕球してからしかランナーは走れない」。

というルールに基づいています。

このルールのもと行われる典型的な例が「タッチアップ」です。

プレーとして注目されるのは、やはりノーアウト、もしくはワンナウトで 3 塁にランナーがいる時の外野フライです。

野球を何度か見たことがある方なら見たことがあると思います。

外野フライを外野手が取った瞬間、3塁ランナーが走りだすプレーです。

これは「フライはノーバウンドで捕球を確認してからしか走塁できない」。

という状況から生まれています。

逆に言えば、捕球を確認したら走り放題。ということです。

まあ。あくまでルール上の話であって、実際はアウトになるリスクがあるので自由に走ることは無理ですが。

捕球より早く塁を離れていた場合はどうなるの?

上記動画の「トリプルプレー成立!!埼玉西武熊代のスーパーキャッチから」

で紹介しているとおり、ランナーは一度帰塁しなくてはアウトになります。

捕球より早く塁を離れていた場合は、その選手にボールを持ってタッチするか、離れる塁が早かった塁にタッチ(踏むでもよし)すると「アピールアウト」となります。

これは、アピールしてそれを審判が認めたうえでアウトとなるケースです。

このタイプのプレーは主張せずにおくと、試合が進んで何事もなかったことになります。

上の動画では、ベースを踏むことでアピールプレーを行っていると解釈できます。

以上基本ルールを踏まえた上でインフィールドフライの存在意義を考える

さて、ここでインフィールドフライに話を戻します。

インフィールドフライが宣言される条件は

・ノーアウト、もしくはワンアウト。
・ランナー1,2塁もしくは満塁

という条件下です。

この条件下でインフィールド(内野のフェアグランド)に簡単なフライ(普通の守備行為で取れるであろう)が上がった時に審判が宣言します。

この時点でバッターはアウトです。

なぜんそんなことをするかというと、フライの時点でランナーは走れません。

しかし、フライのボールを内野手がわざとワンバンドさせて取った場合、一気に上記で説明した「ゴロ」の状況へと変わってしまいます。

フライでランナーが走れない(走っても良いですが、フライをノーバウンド取られたら帰塁する必要あり)なのに突如ゴロの状況になると、とてもじゃないですが次の塁に間に合いません。

普通のフライでワンアウトのプレーが、わざと「ゴロ」の状況にすることで意図的に上記のようなダブルプレーで 2 アウト、ましてやトリプルプレーの可能性を演出できます。

つまり「落球したほうが得」。という状況が生まれます。

これは野球の「ノーバウンドでボールを取る」というアウトの原則を一気に崩壊させてしまう事態になるのです。

これはよろしくありません。

ということで、ランナーが埋まっている状況かつ、無死、もしくは一死のときには「インフィールドフライ」を審判が宣言し、バッターランナーを自動アウトにすることによって、こうした「損して得取れ」みたいな状況が生まれないようにしています。

バッターランナーがアウトなら、みんな進塁しないダメ!みたいなこと自体が生まれません。

つまり、このインフィールドフライのボールは落としても、バッターはアウトなのです。

では、2015年 5 月 4 日広島カープ対読売ジャイアンツ戦のインフィールドフライは何が特殊だったのか

上記のことを理解した上で、2015年 5 月 4 日広島カープ対読売ジャイアンツ戦の決勝点となったインフィールドフライ(結果は3塁手のエラー)を見てみます。

状況は、9回裏、一死満塁です。

バッターは広島の小窪。

小窪が打った打球はほぼ真上、内野のフェアグランドに上がります。

この時点で野球を知っている人なら、「インフィールドフライ」が頭をよぎります。

ボールの落下点に巨人の選手が集まってきます。

このとき 3 塁塁審状況を見てインフィールドフライを宣言。

アウトのジェスチャーをしています。

infeald

この時点でバッターはアウトです。

球審はボールの行方を追ってしまっているようですが、このインフィールドフライは球審でも、塁審でも誰かが宣言すれば成立します。

このときちょっと疑問なのは広島の 3 塁ランナーだった野間の動き。

真後ろの審判がインフィールドフライを宣言しているんですが、気が付かなかったんでしょう。

3 塁コーチの石井琢朗コーチはホームイン後アピールに走っているので、気が付いていたようですが・・・。

ランナーは塁審を見る素振りもなく、3塁に戻ることなくハーフウェイにとどまります。

これは、「落球」を想定した動きに見えます。

通常であれば満塁ですから、落とせばランナーは走る必要があります。

塁は埋まっているので、間に合う間に合わない関係なく走らなくてはなりません。

それなら、少しでも本塁に近い方が得です。

しかし後ろでインフィールドフライが宣言されている以上、状況は違ってきます。

バッターランナーがアウトなので、誰も塁を動かなくても良い状況となります。

ちょっと余談。思い出して欲しい、タッチアップのルール

ノーバウンドでボールを捕球する場合は、完全に捕球が確認されてから、ランナーはスタートできます。

これは、インフィールドフライでも同じです。

仮にインフィールドフライが宣言され、バッターがアウトになっていようと、「フライを捕球するまで」ランナーは走れません。

つまり、この距離でハーフウェイ(塁の途中まででて、様子を伺う)でとどまるというのは少し危険です。

フライをキャッチして素早くボールを送られて塁に戻れなければアウトです。

捕球前に塁を離れていた場合、タッチプレーは必要ありません。

ボールがランナーより先に塁に戻っていればアウトです(上記Youtube参照)。

しかし、野間は落球すればすぐにでも走る構えにみえました。

もし、インフィールドフライを把握していれば、落球してもこの場面で突っ込むことを想定するのはちょっと危険です。

通常の状態なら、落球すれば満塁で塁が埋まっている以上、バッターランナーがアウトでない限り走らざるえません。

落球 = 走塁するしかない

であれば、3 塁にすぐ戻れる範囲で走る気なのは間違いじゃありません。

内野フライを落とすというのは、可能性としてありますから。

ただ、インフィールドフライが宣言されると話は別です。

宣言された時点で、この場面でバッターランナーはアウトでツーアウト。

3塁の野間は守備が落球しても走る義務はありません。

また、ホーム付近で真上に上がったボールを落球したとしても、3 塁ランナーがホームへ戻る余裕があるかは疑問です。

まして、バッターランナーがアウトで 2アウト です。

下手なことをして野間がアウトになると 3 アウト。広島はサヨナラのチャンスを潰します。

ここは、リスクを取るところではないと思います。

まあ結局、落球した後どう考えても間に合わないタイミングで走っているので、インフィールドフライは全く気がついていなかったということでしょう。

もし、わかっていて突っ込んでいたのならかなりの度胸です。

ジャイアンツ側が気がついていたら、即終わりです。

とりあえず、その辺プレーの一連の流れはこちら。

野間のハーフウェイは捕球されたら 3 塁へ戻れる距離だったとは思いますが・・・。

真上に上がって、本塁の近くで落球したとしても、本塁突入はさすがに間に合う距離ではなさそうです。

結果として突っ込んでいるので、野間はインフィールドフライに全く気がついていなかった。

という気がします。

※石井琢朗コーチがどういった指示をしたのか気になりますが・・・。

ジャイアンツ側も気がついていなかった?インフィールドフライ

さて、逆にジャイアンツ側ですが。

ファーストのフランシスコと、サードの村田がお見合いしてしまって、ボールを落球します。

最後に触ったのが村田だったので、最終的にエラーがサード村田に付いてしまっています。

ボールを落とした後、フランシスコがボールを拾い上げてホームベースを踏みます。

hoseout

この時球審は、「フェア」とジャッジ。

フェアグランドで落球したとしています。

この時、広島のランナー野間が何故か走ってきます。

完全に間に合うタイミングではありません。

3塁コーチが走らせたのか?

それとも通常の落球と思ったか(通常落球なバッターランナーは生きているので走らざるえません)。

また、フランシスコはホームを踏みます。

これは「フォースプレー」です。しかし、ランナーが埋まっている時だけ有効な「アウト」の方式です。

この時バッターランナーはインフィールドフライでアウトになっているので、他の 1 塁〜 3 塁の選手に走塁義務はありません。

走塁義務がない場合は、「タッチプレー」が必要となります。

なので、このときランナーの野間にタッチする必要があります。

しかし、フランシスコはホームベースを踏んで終わり。

ところが、球審の判定はアウト。

とりあえず、ホームを駆け抜けた野間もその後の展開に何があったのか判らないと言った感じです。

fransisco-out

インフィールドフライは塁審、球審だれでも宣言できる

時々話題になるのでインフィールドフライの認知度は以前に比べて上がっています。多分。

しかし、インフィールドフライは球審だけでなく、塁審でも宣言したら、それが判定となります。

3 塁塁審は守備が落下点に入ったのをみてインフィールドフライを宣言しています。

ただ、このときちょっとサード、ファーストの落下点に入るのが若干遅かった気がします。

キャッチャーは何かあったときのため、この場合取りに行きません。

何かあるとホームが、がら空きです。

ピッチャーは野手との衝突を避けて近づきません。

となると、フライを取りに来るのはサードか、ファーストです。

ちょっと守備位置としては遠目です。

守備が落下点に早く入っていたらもしかしたら、球審もインフィールドフライを宣言したかもしれません。

しかし、二人共走りながらではないと落下点に間に合わないような感じです。

球審はこの状況を「普通の守備行為で取れるフライ」と判断しなかったのかもしれません。

きわどいフライ。と解釈したのかもしれません。

しかし、3塁塁審はある程度落下点に入った時点で「インフィールドフライ」を宣言しました。

ポイントは、「普通の守備行為取れるであろう」という守備の難易度の解釈の気がします。

審判の判断の違いですが、ルール上は誰かが宣言すればそれが、採用されます。

球審は、インフィールドフライを宣言していませんので自分の判断だけを考えるなら、フォースプレーに対してのコールはアウトです。

しかし、3塁塁審がインフィールドフライを宣言しています。

また、ジャイアンツの選手も、カープの選手もインフィールドフライに気がついていません(おそらく)。

度々ですが、石井琢朗コーチは気がついていたっぽいのですが。ランナーへどんな指示をしていたのでしょう・・・。

この各立場で認識のズレがこの不思議な状況を作ったといえそうです。

野球って複雑ですね・・・

こうしてみてみると、野球て複雑なルールですね・・・。

元楽天イーグルスの野村監督は、プロ野球選手が一番ルールに詳しくなくてどうする?

といった旨の話をよくされていますが・・・。

これはしっかり勉強していないと難しいですね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク