【福岡 ひとり飯】福岡で美味しいカツ丼を食べたい?それなら狐狸庵(こりあん)をおすすめ

スポンサーリンク

分厚い肉がひと味違う 福岡大野城市 こりあん

鹿児島出身なので、黒豚で育ちました。

と、言いたいところですが、黒豚はなかなかお高いので鹿児島人でもお金持ち以外は、いつも食べられません。

とはいえ、地元の味。

意地っ張りな鹿児島県人としては、「福岡のカツ丼に何を期待しろというの?

といった感じなのです。

ただ、福岡でもとんかつの美味しい店はあるはず(鹿児島の黒豚を扱ってるところ以外で)。

と常々考えていたのですが。

ついに出会いました。

福岡のお店でカツ丼が美味しい店。

その名も「狐狸庵(こりあん)」

なんともばかされてしまいそうな名前ですが。

このお店、基本的には「うどん屋さん」らしいのです。

検索してもらうと判りますが、福岡県大野城市の「狐狸庵」はうどん屋で食べログなどにも登録されています。

こちら、なんとも荒々しい味で美味しいです。

肉々しさを感じられます。

ただ、上品な美味しさを求めている方は拍子抜けするかもしれません。

場所が大野城市なので、天神からはちょっと気軽には行けないのが残念です。

狐狸庵 (白木原/うどん)の地図です。

福岡市の方からだと、太宰府、久留米に行くついでに寄りたい感じです。

ちょうど、都市高速の水城の下り口のすぐそばです。

残念ながら、外観を撮り忘れてしまいました。

なので、いきなりカツ丼の写真、どーんです。

korrian-katsudon

だいぶ郊外ですが、カツ丼 税込み 860 円。

なかなか高めの設定かもしれません。

ただ、ボリュームがあります。

そして、味も濃い。

醤油ダレの味付けが濃いのですが、また肉が濃い。

なんか、普通のカツ丼と違うなとは思ったんですが、後々わかったのですがここのカツ丼はロースではなく「バラ肉」をカツに使っているんですね。

バラ肉といったら、角煮使われたりする部位です。

硬いです。

ただ、肉の味がしっかりします。

コクと、旨味があると言うんですかね。

なるほど。

通りで、肉の味が強いわけです。

そして、「醤油だれ & 肉の味

で、ゴリ押ししてきます。

これは、賛否両論分かれそうな味です。

個人的には、好きでしたけどね。

優しい感じのするカツの味が好きな人はちょっと合わないかもしれません。

漬物が美味しかった

この日は高菜の漬物がついてきました。

takana-tsukemono

すいません、もっとたくさん入ってやってきたんですけどね。

美味しくて食べてしまいました。

ひとり、1つというより、テーブルで 1つという感じです。

回転寿司のガリ or ラーメン屋の紅しょうが的な存在。

これが、普通に美味しかったなというのが印象的でした。

近くにあれば、時々行きたいなーというお店でした。

いきなり人を連れて行くのは要注意

味の評価が確実に二分されるタイプのお店です。

好きになったら、一人でリピートしまくるタイプのお店でしょう。

味の評価で意気投合できれば、その絆は固いものとなりそうですが、場合に寄っては「この人と食の趣味はあわないな」と、一撃で判定されてしまう可能性があります。

非常に個性があるので、まずはお一人で行くことをおすすめします。

そういった意味で「ひとり飯」なお店ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク