がんばって欲しい九州のJリーグ

スポンサーリンク

サッカーも好きではあるんですが・・・

西武ライオンズほど、好きな球団というかクラブが存在しないJリーグ。

あえてあげれば、横浜Fマリノスが好きだったんですが、あくまでJリーグ発足時のマリノスが好きで、いま優勝争いまっただ中ですが何の感慨も湧きません。

すなわち、もうマリノスファンじゃないんだろうなーと。

では、どこに頑張ってほしいなと思うと、やっぱり地元九州のクラブには頑張って欲しいです。

九州ですと、福岡アビスパ、サガン鳥栖、大分トリニータ、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、ロアッソ熊本といったところが、J1、J2ですね。

JFLまで下がると、宮崎にホンダロックSC、大分にHOYA大分があります。(大分は上位なクラブチーム多いですねー)

故郷鹿児島は、サッカー不毛の地なのか(多分そんなことはないと思いますが)JFLチームすらなし!という残念な結果なのですが、九州リーグにヴォルカ鹿児島と、FC鹿児島というクラブがあります。

ここは、合併するだとかしなとかで揉めに揉め、いまだ合併せず。といった、これこそ不毛なことをやってます。

さて、そんな九州のクラブ事情ですが、最近元気なのはV・ファーレン長崎。今年からJ2初参戦なのですが、なんと5位躍進。まさにジャイアントキリング。

元気のないアビスパを尻目に活躍中です。

が。なんとも厳しい状況があるようです。

長崎:J1ライセンス取得も「明日の練習場の確保にも困っている」

J1ライセンスを取得したV・ファーレン長崎。(ギラヴァンツ北九州はこのライセンスで揉めてましたよね)しかし、あすの練習場すらない状況・・・。

今後は、国体の開催もあるそうでさらに練習場の確保が厳しくなるとか。

担当者いわく、「野球場やソフトボール場になるかもしれない」とのこと。

こうして見ると、「Giantkilling」にでてくるイースト・東京ユナイテッドは、ビッグクラブですよね・・・(笑

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク