【格安SIM】日本通信b-mobileを使ってみた感想

スポンサーリンク

b-mobileのSIMを利用して10日ほど

日本通信のb-mobileにSIMを変更しておよそ10日ほど経過しました。

ネットやら通話やら状況が徐々にわかってきました。

この間の所感まとめです。

使っているのは、「スマホ電話SIM フリーData」です。

【過去の記事】
【格安SIM】日本通信b-mobileへMNPする時の注意点

ドコモ回線なので電波に心配なし

まずは通話に関してですが、基本的に「ドコモ」の回線なので特に心配はありません。

前のキャリアはe-mobile(3G)だったので、そこから比較してしまうとかなり安定しています。

e-mobileは地下にある飲食店に入ってしまうとまず「不通」でしたが、b-mobileは問題なし。

限度はあるでしょうが、以前よりはるかに安心して地下に潜れます。

ネット通信は、注意が必要

b-mobileのネット回線は上限設定はないものの、常時通信速度が「200kbps」。

これは、さすがに「速い」とは言えません。

webサイト閲覧は結構待ちます。読み込みの遅いページだと絶望的です。

ただ、「仕方がない」と思えば待てない時間ではない。とも言えます。

webの閲覧をスマホに頼っている。という方にはちょっとお勧めはできない感じです。

時々ちょっと、見ることがあるという方なら我慢できる範囲じゃないかと・・・。

メール、チャット系は十分利用可能

ネットの閲覧は少々厳しいものがありますが、facebook、Twitter、Google+ といったSNSサービスは安定して利用可能です。

また、Gmailアプリもスムーズに利用可能。

主にFacebook、Google+ を利用しましたが、チャットのやり取りやタイムラインを見ることに関してはストレスを感じることはありませんでした。

この他にもTumblrや、Flipbordなどの試しましたが「ちょっと、遅いな」と思うことはありました。

閲覧に困るようなことはなかったので、こちらも最初から「遅いことがある」と割り切れていれば、問題ないと思います。

Wi-fi環境があれば全然問題なし

これは、ほかのキャリアのSIMも同様ですが「要領の大きいアプリ」のダウンロードには無線環境が必要です。

ただ、b-mobileの場合、200kbpsという制限があるので、「wi-fi環境での運用」が自由にできる環境があった方が安心かつ、ストレスが少ないのではないかと・・・。

念のため

PCでの外出用に e-mobile のモバイルルーターは持っています。

何かあれば、このルーターにつないで・・・。

とは思っていましたが、いまのところ繋いで利用という状況にはなっていません。

IP電話の使用

試しに利用してみたIP電話は「SMARTalk」です。

e-mobile の wi-fi 経由で試してみました。(Pocket WiFi LTE GL04P)

世代的には2、3つくらい?古いバージョンの端末で下り75Mbps、上り25Mbpsです。

この環境で利用しましたが、会話に「時差」が出ます。(アプリ側での設定は特に何もしていない状況)

相手に音声が届いていると思って話をすると、かなり遅れた返事が返ってきたりして、会話のリズムがすごく悪くなります。

安いのが魅力ではあるのですが、微妙な時差が結構ストレスで、あまり電話していません・・・。

設定面で改善できるならよいのですが、設定をいじっても特に変化はなさそう?です。

こちらはもうちょっと実験したいと思います。

無料通話分がないので通話は要注意

キャリア契約のSIMには無料通話分だったり、同じキャリアや家族での割引が存在します。

しかし、b-mobileのSIMだと一律「20円/30秒」がかかります。

ここはちょっと注意が必要です。「電話をかける機会が多く、通話時間も長い」という方は高くなる可能性があります。

b-mobile 利用のまとめ

現状は「IT慣れした方」の商品

といった感じです。

【b-mobile(格安SIM)に向いていそうなユーザー像】

・wi-fi 環境が充実している(職場・自宅)
・web閲覧はPC
・スマホはメールチェック、チャットの返事だけ
・電話はそんなにかけない

という感じの方なら十分利用する価値があると思います。

逆に、

【b-mobile (格安SIM)に向いてないユーザー像】

・wi-fi 環境を利用していない
・スマホで web サイトを見る
・電話はかけることが多い
・通話時間も長い

という感じの方には向かなそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク