ネスカフェバリスタが故障した時の対処方法

スポンサーリンク

ネスカフェ・バリスタが止まってしまった!

以前から愛用しているネスカフェのバリスタ。とても便利なのですが、残念なのが不具合が多いことでしょうか。

値段も手頃ですし、プレゼントにも喜ばれることが多いので、自分で使う以外にも親戚や友人にプレゼントするのですが初期不良?の事が2度ありました。

実際使っていても、コーヒーを淹れようとするとバリスタが止まってしまって、電源を切って、入れなおしてもエラーにしかならない!ということも多いようです。

そこで使用上の注意として1点大事なのは、「タコ足コンセントに接続しない」です。

これは、説明書にも書いてあったはず(おそらく)。

「バリスタが止まった!」と、ネスカフェのコールセンターに電話してもまず、タコ足ではない、壁のコンセントを利用するように指示されます。

で、こういうことを踏まえた上で、バリスタが止まってしまった時の対処方法を以前ブログで書いたところ、多くの方が見てくださったようなので、最近の「バリスタ復旧方法」を紹介です。

以前の投稿はこちら→ネスカフェ・バリスタ故障 2nd

最近、時々これでネスカフェ・バリスタが止まって復旧する事がある方法。

1,本体を小刻みに揺らす。
頭のあたりを掴んで、小刻みに揺らします。あまり大きくすると水などがもれるかもしれないので、あくまで小刻みに素早く揺らします。

停止してしまっている状況にもよりますが、一番早く復旧する可能性があります。
※あくまで個人的な感覚による比較です。

2,待つ。
丸いボタンが点滅している場合は、「エラー」ですので、どうしようもないですが、このエラーになるまでおとなしく待ってみるのも手です。

時々ですが、急に動き出すこともあります。

この2つで、復旧しない場合は先程の以前の投稿などを参考にしていただくと復旧するかもしれません。

2013年8月24日追記

ついに、バリスタ壊れちゃいました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク