【電子工作に挑戦してみる】「Arduinoをはじめよう」ではじめる Arduino。

スポンサーリンク

電子工作にチャレンジしてみる

最近なにかと話題の Arduino。

とりあえず、個人的な理解の範疇で「Arduino」とはなにか。

というのを紹介させていただきますと。

一言で言えば、マイコンボードです。

通常マイコンを扱おうと思ったら、様々な部品と組み合わせるための電子回路設計し、それらを接続。

更には制御するためのプログラミングを行う必要があります。

私は、web 上でのプログラミング経験はありますが、電子回路の設計の知識もなければ、実際パーツ同士をつなげる(ハンダ付け)などの知識や技術もありません。

そうした人にとって、電子回路の必要最小限のものを予め組み込んで、さらにはプログラミングの環境までを整え、電子工作の知識がない人でも(例えば私の用にwebプログラミング経験があるだけの人でも)簡単に電子工作ができる環境を提供してくれるのが「Arduino」です。

例えばですが、

「人を感知して点灯したり、消灯するライトをつくってみたい」

と、思ったとします。

しかし、普通こうした機械を自作してみよう。

と思っても、専門の知識がなければ、どういったものを用意すれば良いのかすら判りません。

しかし、この Arduino は専用の開発環境や基板を用意することで簡単に「電子工作」に挑戦する環境を用意してくれます。

raspberry pi と何が違うの?

Arduino と似た存在に「raspberry pi」があります。

日本で先にメジャーになったのは、raspberry pi の方が先なのかなと認識しています。

Linux 関連の雑誌でもだいぶ前から注目されていました。

個人的には「raspberry pi」の登場からこうした「低価格のハードウェア」を活用したプログラミングが活発化しているなあというのが印象です。

「raspberry pi」 もやってみたいとは思っていたんですが、なかなか手が出せず。

グダグダしている間に、今回取り組もうとしている「Arduino」が徐々にメジャーになってきました。
※あくまで私の認識です。

どちらも電子工作を簡単に始められるツールとして有名なのですが、この「raspberry pi」と「Arduino」には違いがあるようです。

今回、なぜ「Arduino」を選んだのかと合わせ、raspberry pi との違いを簡単に紹介してみたいと思います。

Arduino と raspberry pi の違い

Arduino と raspberry pi の違いは、ざっくり言うと、

raspberry piは「パソコン」。

Arduino は「一般家電」。

の違いだと認識しています。

だと、個人的には理解しています。

Arduino と raspberry pi の大きな違いは、「OS」の有無です。

raspberry pi は利用する場合に、「OS」をインストールします。

この場合、主に OS には Linux が利用されることが多いようです。

一方で、Arduino には OS を実装する必要がありません。

Linux OS が実装できるということは、ほぼパソコンですよね。

期待される機能は「パソコン」とほぼ同じだと思います。

一方で、Arduino は OS がないので、パソコンではありません。

普段の生活でいえば、扇風機や部屋の電灯のような一般家電が近い存在です。

スイッチを入れると、モーターが回転して風を起こす。スイッチを入れると電気が点いたり消えたり。

こういったシンプルな機械を作るなら、Arduino が向いていると思います。

今回挑戦の最終目標はラジコン

いきなりラジコンを作るのは難しいので徐々にと思っていますが、できたらラジコンみたいなものを作れたら面白いんじゃなかろうかと。

と、考えています。

例えばこんな感じ。

多分続けていく内に別のアイディアも湧くと思うので、その時はその時で。

とりあえずは、入門書としてオライリージャパンが出版している「Arduinoをはじめよう」。

を購入しました。


Arduinoをはじめよう 第2版 (Make:PROJECTS)

とりあえず、これを入門版として始めたいと思います。

で、おそらく Arduino を始め色々買わないと行けないんですが。

Amazon を見てみると、この書籍の内容が試せるセットが出ています。


Arduinoをはじめようキット

こちら、SWITCHSCIENCE さんが販売しております。

Arduino や、DIY のキットを販売されている企業です。

Amazon でも購入できますし、オリジナルの通販サイトもあります。

また先日、クラウドファンディングサイト「Makuake」にてmDrawBot の日本販売を手がけていたりと、日本の DIY を牽引している企業さんみたいです・・・。
※すいません、本当にこの分野は初チャレンジなのでなにもわからない・・・。

実は、この「mDrawBot」ほしいなー。

というのが、今回の Arduino 挑戦へのきっかけだったりします。

今回はあまりにも未知な分野だったので、ちょっと思い切って買ってしまえ!とは行きませんでした・・・。

SWITCHSCIENCE の製品をもっと「気軽」に楽しめるようになりたいなー。

というのが裏目標であったりもします。

ということで、次回以降は「Arduinoをはじめよう」に沿って少しずつ、Arduino を体験する話をご紹介できればなと思います。

【次回記事】

【電子工作にチャレンジ】Arduino をはじめよう「LED を点灯させてみる」で知る回路図の意味。
まずは書籍に従って進めてみましょうということで 前回、Arduino を始めようと思った経緯やら、用意したものを紹介させていただいたん...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク