中小企業の経営者web担当者へ【忙しい人のためのWebサイト制作・運営論】第1回

ehive-logo

忙しい中小企業の方へ「自分で創る」というのはいかがでしょう?

ブログをやってると、「サイトを作りたい」という相談は時々受けるんですが

私も一応「Web関係者の端くれ」である以上、サイト制作を依頼されれば制作することは可能です。

ただ、ご相談受けることは受けるんですが、難しいのは金額面です。

「Webサイトを作りたい」けど「お金はない」

という状況です。

もちろん、安く制作費用を抑えるということは可能です。

ただ、サイトを制作することはなんとかできても「運営」が問題になります。

作りおきのサイトでは成果が出ない・・・。

これはもう、間違いないです。

サイト制作にお金をかけても、その後の運営面がしっかりしていないことには成果の上がるサイトは非常に難しいです。

「制作して・運営する」この両輪をちゃんと考えなくてはなりません。

ですが、この2つをWeb制作会社やWebコンサルティング企業へ依頼した場合、驚くような金額が待っています。

資金力のある企業ならまだしも、中小企業では難しい額だと思います。

相談された私も、費用は勉強させていただくにしても、「責任をもって制作・運営」しなくてはなりません。

そのために「ほったらかしにするしかないような金額」ではご提示できません。

ただ、それでは、「金銭的に折り合わない」というのが現実です。

運営は誰がするものなの?

これは委託することも可能ですが、個人的にはあまりおすすめしません。なぜなら、「あなたの会社」だからです。

あなたの会社の方向性や、特徴はあなた自身にしかわかりません。

その方が運営せずして、誰が運営するのか?

仮に今の会社の支店を出した際に、運営をよく知らない他人に任せる。というのはできないと思うのですが、Webサイトも同じです。

運営しないサイトの価値は「チラシ・看板」に遠く及ばない

Webコンサルタントをしていた時代からよく耳にしていたのが「今どきサイトくらいないと恥ずかしいから、とりあえずサイトを作る」というものです。

正直、その程度の理由でサイトを制作するならそれは「必要ない」くらいです。

会社情報を掲載してくれるサイトはありますので、そこに登録しておけば大丈夫です。

とりあえず作ったサイトは、企業の名前を知った方が探してやってきてくれるくらいです。

すでに知っている方に見つけてもらえればいいという場合も稀にあると思いますが、知らない人が来てくれて初めて「宣伝効果」です。

チラシや看板は、新聞を見るついでに見たり、道を歩いていて目に入ります。知らない人への訴求になります。

しかし、とりあえず作ったサイトにはその効果すら見込めません。

じゃあ、どうやって運営すればよいのか

ここもまた非常に難しい問題です。Webの運営と言っても、どうやっていいかわからない。

というのがほとんどだと思います。

実際、私も手とり足取り教えてあげることができればよいのですが、そうしたご依頼にはどうしても費用がかさみます。

そうなると、「手も足も出ない」という状況です。

運営が大切といっても制作はどうするの?

これに関しては、実は徐々に増えているサービスで注目しているものがあるんです。

以前、ブログにも紹介させていただいたのですが・・・。

Webデザイナーは絶滅する?イスラエルのソフトウェア企業Wixがナスダック上場へ

こちらでも紹介したWixのように今、徐々に「デザインはすでに用意されていて、低コストで運営だけに集中できるCMSサービス」

というものが増えています。

「お金がない」以上、デザインに予算はかけられません。それは売上が上がってから考えても遅くはありません。

まずは、サイトに情報がある。ということが最優先事項です。サイトの器が用意されているなら、こうしたサービスを利用してしまう手はありません。

残るは、運営面の問題

この点で、良い方法というのがないかなーと思っていたのですが、とある会で「私と同じ課題」を感じている方にお会いしました。

「株式会社イーハイブ 平井良明さん」です。

イーハイブ平井さん

お話を伺って、即「ブログ出ていただけませんか?」と交渉したところ「良いですよ。ぜひ」と、快諾いただけました。

と、前置きが長くなりましたが、次のページより平井さんからお話いただきます。

次の記事へ
yajirushi
スポンサーリンク

シェアする

フォローする